女優・山田杏奈が主演する映画『ひらいて』(10月22日公開)の場面写真が解禁された。芥川賞作家・綿矢りさ氏が、高校生の思いつめた恋心、暴走する想いを描き、人間の根源的な愛を問う文芸少女のバイブルとなった小説を実写化。このほど、今作ポイントをわかりやすくをまとめた特別映像が解禁された。

【動画】2分でわかる『ひらいて』特別映像が公開

 “たとえ”が好き。だけど彼には「秘密の恋人」がいた。学校でも優等生でビジュアルも良く人気者の愛。恐れを知らない彼女の熱い恋心は、彼の恋人にまで向けられ、物語は三角関係だけにとどまらない方向へと進んでいく。エキセントリックでありながらも切実な純愛を描く。歪(いびつ)で複雑に絡み合う三角関係の行方は――。

 映像には、たとえ(HiHi Jets/作間龍斗)に人知れず想いを寄せ続けていた愛(山田)が、次第にその恋心を暴走させ、周囲の人間を巻き込みながら壊れていく様子が映し出される。たとえの恋人・美雪の存在に気づくと、自分のたとえへの気持ちを隠して美雪に近づく愛。そんな愛の思惑を知る由もなく心を開いていく美雪はエスカレートする愛の行動を拒絶することもできない。自分の気持ちを乱暴にぶつけることしかできないほど余裕が無くなってしまった愛はひたすら必死にたとえにすがり付く。

 そして、お互い想い合ってるくせに校内では会話を交わすことなくすれ違うだけのたとえと美雪を凝視する愛の表情は、淡い恋心が狂気に進化する瞬間を感じさせる。公開に先駆け本編を鑑賞した人たちからは「まさに自分の映画」と共感する声も多いなか、暴走の域が常軌を逸している愛の様子に困惑する人も。好きな人の前で取りつくろうことも忘れるほどただ必死にしがみつく重くて痛い少女の恋心の行方を本編で見届けてほしい。