2017年、アート界に激震が走った。一枚の絵がオークションで、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされる「サルバトール・ムンディ」=通称「男性版モナ・リザ」として、史上最高額となる510億円で落札されたのだ。“購入者は誰なのか、これによって真のダ・ヴィンチ作品だと証明されたのか?” 世界中の人々の関心を集め、今なお謎が深まるばかりのこの名画にまつわる疑問を鋭くひも解いていくだけでなく、知られざるアート界のからくり、闇の金銭取引の実態をまでも生々しく暴いていく、ミステリー小説のようなノンフィクションムービー『The Savior For Sale』(原題)が、『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』の邦題で11月26日より公開されることが決定した。

【動画】映画『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』予告編

 すべてはニューヨークの美術商の“第六感”から始まった。ダ・ヴィンチには“消えた絵”があり、それには救世主が描かれているという説がある。名も無き競売会社のカタログに掲載された絵を見て、もしかしたらとひらめいた美術商が13万円で落札したのだ。彼らはロンドンのナショナル・ギャラリーに接触、専門家の鑑定を得たギャラリーは、ダ・ヴィンチの作品として展示する。お墨付きをもらったこの絵に、あらゆる魑魅魍魎が群がった。一方で、「ダ・ヴィンチの弟子による作品だ」と断言する権威も現れる。そしてついに、510億円の出所が明かされるが、それはルーブル美術館を巻き込んだ、新たな謎の始まりだった──。

 予告編は、100年以上も行方不明だったダ・ヴィンチの作品が、由緒あるオークションハウス“クリスティーズ”で史上最高額の510億円という驚きの価格で落札されるシーンから始まる。その後明らかにされるのは、“2本の親指”や“奇妙な修復”など、あらゆる美術鑑定によって次々と明らかになる不可解な謎、そして華やかなオークションの裏で仕組まれていた強欲なクセものたちによる策略。

 果たしてこの絵は本物か偽物か? 「美術界最大の謎解きです」「あの絵の購入者は誰か?」 まさかの一般家庭から発見、最初13万円という激安で売られていた絵画が、やがて世界を巻き込んだ大騒動へとつながっていく。絵画を投資目的とする大財閥やそこから手数料をぼったくろうとする仲介人、大衆を利用して絵の価値を釣り上げていくマーケティングマンと利用されるハリウッド・スターのレオナルド・ディカプリオ、アートを利用して覇権を手に入れたいサウジアラビアの皇太子――。

 「多くのいかがわしい奴らが、この絵を狙って何か企んでいる」その言葉通り、あらゆる世界の人々がこの絵をめぐる因縁の人物として登場。しかし、この狂乱ともいえる落札の後、この絵画は世間から忽然と姿を消してしまう。欺く、裏切る、この熾烈な争いの結末は? 誰が、どうやって、この絵を13万円から510億円に生まれ変わらせたのか? 

 ポスターは本作の主役とも言える “サルバトール・ムンディ”を前面に推し出したもの。男性版モナ・リザとも言われるほど静かで美しい微笑が印象的な絵画だが、そのモデルと言われるイエス・キリストが手に握るのは札束!? まるで絵を引きちぎるように延びた複数の人間の手が、欲にまみれる人間の滑稽さを際だたせ、印象付けるようなビジュアルになっている。