人気グループ・Snow Manの深澤辰哉、向井康二、宮舘涼太が、26日に放送されるフジテレビ系『ドリフに大挑戦スペシャル』(後7:00)に出演する。「ザ・ドリフターズはお笑い界のレジェンド」と語る3人が、そのドリフの名作コントの世界に飛び込む。黒のえんび服にヒゲがトレードマークの『ヒゲダンス』をはじめ、曲に合わせて踊る展開のコントもふんだんにあり、本業とも言えるダンスで令和のアイドルたちが、どのようにドリフを表現していくのか注目だ。

 同番組では、ドリフを愛してやまない30人を超える“ドリフ・ラヴァーズ”の芸能人たちが、ザ・ドリフターズの3人とともに名作コントの数々に大挑戦。今活躍中の芸能人たちが“もしもシリーズ”などをはじめとしたドリフの体を張ったコントにどう挑むのか。いかりや長介の当時の“前フリ”映像でコントが始まるなど、ドリフの世界観を3時間余すところなく届ける。

【写真】番組では伝説の雷様コントが復活

 「ヒゲダンス」といえば、志村けんさんと加藤茶が『ヒゲのテーマ』に乗せて、決して言葉を発することなく、その表情と動きで笑いを誘いながらさまざまなことに挑戦するという名作中の名作。飯尾和樹(ずん)とともに、Snow Manの3人は客前で“大挑戦”する。宮舘が「もう一度映像を見て分析することから始めました」と語るなど、当時の映像を見て予習をしっかりしてきた3人は、当日も早朝からスタジオに入り、飯尾とともに入念なリハーサルを行うなど気合も十分。

 そして観客が入ったスタジオのセットに、『ヒゲのテーマ』のリズムに合わせてメンバーたちが登場すると、スタジオは一気にヒートアップ。観客の手拍子を受けながら、飯尾から言われるがまま、バケツ&たらい回しというミッションに挑んでいく。しかしミッションをクリアして帰ろうとするも、飯尾からの“お願い”は止まらない。徐々にそのレベルが上がっていく中で、彼らは無事にステージを降りることはできるのか!?ドリフさながらのコミカルな動きや、表情豊かな3人の息が合ったキレキレダンスを披露する。

 ほかにも、飯尾とともに3人はコント『イイオマン』にも登場。スーパーヒーローでもある父親の飯尾が家でくつろいでいると、外から助けを呼ぶ声が聞こえてくる。するとマントを求める飯尾に対し、深澤演じる母親が、しわくちゃのマントの代わりとなるものを息子役の宮舘と向井にお願いするという流れでコントは始まっていくのだが、2人は一体どんなマントを手渡してくるのか。まさにアイテムを使ってボケる“モノボケ”の展開に挑む2人のキラキラした表情と、昭和のセットに違和感なく溶け込む令和のアイドルたちが見どころとなる。

 さらに深澤と向井は患者役として、医者役を演じる飯塚悟志(東京03)や看護師役の鈴木唯アナウンサーと、藤本万梨乃アナウンサーと「耳鳴り」のコントにも挑む。ものまねあり、ボケありという深澤と向井のコントの仕上がりに期待が高まる。

■インタビューコメント

――ドリフのコントに参加してみて

深澤辰哉「ザ・ドリフターズというレジェンドの方たちのコントに出演させていただけると聞いた時、最初はドッキリだと思ったんですよ(笑)。でも、ちょっとしたら台本が送られてきて本当なんだとわかり、すごくうれしかったですね。特にオープニングの収録で、ドリフのテーマに合わせて踊るシーンはしびれました。まさか自分ができると思わなかったですし、とても貴重な体験をさせてもらったなと感じました。早く見たいですよね。自分のやったコントも、他の方のコントも全部見たいです」

向井康二「小学校の時に友人たちと家に集まって、朝まで泊まり込みでドリフのビデオを見ていた思い出があります。みんなで夜更かしして夢中で見ていたので、本当にドリフは小さい頃の思い出の一部ですよね。ちなみにドリフの番組に出演することは、まだその友人たちにも伝えてないので、いいサプライズになりそうです(笑)」

宮舘涼太「ザ・ドリフターズといえばもうお笑い界のレジェンドですよね。いろいろなコントを自分たちで考え世に広めた偉大な方たちという印象です。それに個人的には志村さんとプライベートでも何度かご一緒させていただいていたんです。それもあって今回その感謝の気持ちを込められればいいなと思って出演させていただきましたし、なにより出演の話を聞いたときはとてもうれしかったです。自分がこの役を演じるんだと、やらせていただくんだというのはとても光栄なことでしたね」

――名作「ヒゲダンス」のコントに挑戦しました

深澤「率直に難しかったですね。しゃべらないコントなので表情や動きで伝えるんですが、見ているお客さんもそうだし、なにより一緒に出ている相手にも伝えなくちゃいけない。それがあらためて難しいなと感じました。今回“ヒゲダンス”をやるにあたって、志村(けん)さんと加藤(茶)さんがやっていた映像を見たんですが、お2人のようにうまくいかないものだなぁと、やってみて痛感しました。微妙な首の動きや、動きの緩急の付け方など、寄せようと思ってもこれがまたなかなかまねできないんです。すごいレジェンドの方たちだなぁとあらためて感じながら、とにかく自分たちなりの表現の仕方でやらせてもらいました。どうなっているのかはまた見てみないとわからないですけど、もう永久保存版決定ですよね」

向井「昔“ヒゲダンス”を元にちょっとコントを作ったこともあったんです。その時にこの“ヒゲダンス”の勉強をしたり、コント映像を楽しみながら見ていたので、今回もいろいろ考えていたんですけど、ステージ上に出た瞬間に考えるのをやめました(笑)。というより、気付いていたらもう楽しんでいました。楽しいなぁという風に自分が楽しみつつ、お客さんも楽しんで見ているだろうなって確信もあったので、“ヒゲダンス”ってすてきな作品だとあらためて感じましたね。人を笑顔にできるのが笑いなんだと気付けるいい機会でした」

宮舘「“ヒゲダンス”のリズムと振付や、今回挑戦した“バケツネタ”も僕は見たことがあり、知っていたので、まずはもう一度映像を見て分析することから始めました。自分たちがあの場に立って、お客さんの前でやらせてもらうというのは今後無いんじゃないかなと思うくらいすごい体験でしたし、宮舘家で代々語り継いでいけるくらい、宮舘の中の歴史に名を刻めたことなんじゃないかなと感じました」

――出演を楽しみにされている皆さまへのメッセージを

深澤「今こういうコントを見て笑える、というのが一番いいなと思ったので、ドリフの作品に携われたたことがすごくうれしいなとあらためて思いました。この時代だからこそ、この笑える作品をいろんな方々に見てもらいたいです!」

向井「あの時代のコントを、今やるというのは好きですね。時代にとらわれないコントというのをこれからもやっていけたらなと思いますし、それを僕らができるということにも意味があるのかなと感じています。若い人がこのコントをやることによって伝わることがあるのかなと思います!」

宮舘「とにかく全力で一つひとつのことに、一つひとつの役になりきってやっていますし、ご一緒させてもらえた芸人さんもそうですし僕らも学ぶことがすごくありました。それは今後のアイドル生活の糧にもなっていくんじゃないかと思います。僕らが発信できるものをすべてここに詰めたので、ぜひテレビの前に集合してご覧いただけたらうれしいです!」