女優の清原果耶がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』(月~土 前8:00 総合/前7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。きょう24日の放送を終え、菅波(坂口健太郎)の過去にかかわる元ホルン奏者の宮田彰悟を演じている石井正則のコメントが、到着した。

【場面写真】笑顔で見つめ合う百音&菅波先生

 この日の放送では、菅波からホルンの演奏を頼まれた宮田が、百音(清原)に披露。優しいホルンの音色が、百音の背中を押すこととなった。その後、百音は高村(高岡早紀)に、Jテレの仕事についてある決意を話す。そして、会社の新規事業審査会で、地域密着型の気象予報士を活用する企画を発表し、自分の思いの丈を皆に力説した。

 石井は「最初に宮田を演じさせていただいたとき『モノクロームの世界』で生きているような感覚がありました。気持ちが暗いわけじゃない。明るく朗らかなのだけれど、彼の生きている世界は昔の映画のように色がない、みたいな。しかし、ホルンを吹くシーンになった時、世界がホルンを中心に色を取り戻していくような感覚を覚えました」と振り返る。

 続けて「音楽は人生に『彩り』を与えてくれる。菅波先生、百音さんのこれからに、そして作品に『彩り』を添えることが出来ていたら幸いです」と2人の行く末を見守る。