最強の心霊研究家エド・ウォーレン&ロレイン・ウォーレン夫妻が数々の心霊現状に立ち向かう人気ホラーシリーズ「死霊館」ユニバースの7作目『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』が、10月1日より劇場公開される。

【動画】映画『死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』冒頭映像

 「#死霊館行ってきた」のタグで一足先に試写を鑑賞をしたファンが、「ウォーレン夫妻おかえりなさい!」「シリーズの中で一番最強で最恐!」「休む暇のないジェットコースターのような作品」「謎解きが出来て伏線もしっかり回収してくれる」などと、ポジティブにコメントしている本作。公開を記念して、冒頭で描かれる、最悪の事件の始まり…デイビッド少年に憑りついた “悪魔”が暴走する、冒頭からクライマックスのようなド迫力の映像が解禁となった。

 まるで人とは思えないような不気味なうなり声をあげるパジャマ姿のデイビッド少年。そんな少年を必死な面持ちで押さえ込み「神父 すぐに始めないと」と焦りを浮かべる心霊研究家のエド・ウォーレン。「車に乗せて教会へ」と促す神父に対して、「ダメだ! ここでやる!」と…、今、まさに悪魔との最初の対決が始まろうとしていた。

 暴れる少年を抱え急いで1階のロレインのもとへ向かうエドだったが、途中、悪魔がものすごい力でそれを阻止しようと対抗。力と力の戦いを振り切ったエドだが、悪魔の爪痕のような傷が壁に複数刻まれている。泡を吹き興奮状態MAXの少年をテーブルに寝かし、エド、アーニー、デビーの3人がかりで押さえつけ神父とロレインの悪魔祓いが始まるが…果たしてこの悪魔祓いが迎える結末とは?