20世紀スタジオ製作、英ロックスミス・アニメーションの新作映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』(10月22日公開、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)の日本語版声優が発表された。最新式のロボット型デバイスとして登場する<Bボット>のロン役は、『PSYCHO-PASS サイコパス』の狡噛慎也役をはじめ、『鬼滅の刃』『呪術廻戦』など人気作品に引っ張りだこの関智一。友達のいない少年バーニー役は、『アクアマン』の日本語吹替版なども経験する若手俳優・小薬英斗が務める。

【動画】映画『ロン 僕のポンコツボット』最新予告

 本作は、誰もが最新式のロボット型デバイス<Bボット>と暮らしている世界で、友達のいない少年バーニーのもとに不良品の<Bボット>ロンが届いたことから始まる物語。

 <Bボット>は、ネット、写真、通話、TV、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能に加えて、持ち主にピッタリな友達も見つけ出してくれる、夢のようなデバイス。ところがロンは、オンラインに接続できず、スマートな友達探しをすることもできない。そこでロンは、バーニーの友達づくりのため、「友達になって」とお手製の”友達リクエスト”シールを街中に貼って回る――なんともアナログな姿が微笑ましい予告映像も解禁となった。

 映像では、「僕はセキュリティ管理されていない」という、物語のカギを握るロンの”秘密”の存在も明らかに。ほかの<Bボット>たちにはない特別な何かがあるロンは、製造元のバブル社に危険な不良品とみなされ、廃棄処分対象として追われることになってしまう。果たしてバーニーとロンは、この危機を乗り越えることが出来るのか!? ロンに隠された“秘密”とは一体!?

 本作の主題歌は、世界的ボーイズ・グループ、ワン・ダイレクションのメンバー、リアム・ペインのニュー・シングル「Sunshine」。ワン・ダイレクションとして活動休止を発表後、ソロデビューし、今なお世界的人気を誇る彼の新曲は、思わず踊り出したくなる爽やかな楽曲に仕上がっており、リアムは英語版の声優としても本作に参加している。

 今回のコラボレーションについてリアムは「僕はディズニーの大ファンなので、この作品に携われることは夢のようです。皆さんに『Sunshine』を聴いてもらい、『ロン 僕のポンコツ・ボット』を観てもらうのが待ち遠しいです。本当に楽しかったです!」とコメント。先行して解禁されたMVでは本作のキャラクターたちも登場し、リアムが劇中のバーニーやロンと同様草むらに寝転んで歌う姿など、目でも耳でも楽しめる楽曲が話題となっている。