テレビ朝日系で「season20」が放送される国民的ドラマ『相棒』(毎週水曜 後9:00※2クール)。10月13日に放送される初回拡大スペシャルに本田博太郎演じる元内閣官房長官の朱雀武比古が17年ぶりに出演することが発表された。

【写真】異例中の異例 6年もの刑期を残して仮出所した朱雀

 初回拡大スペシャル『復活』は20作目という節目にふさわしく、衝撃のスタートを切ることに。前作「season19」で「プレゼンス」前後篇(第1話、第2話)、「暗殺者への招待」前後篇(第19話、最終話)と全4話に連なって描かれた事件が、再び動き出すこととなる。一連の黒幕である内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が、またしても杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)の前に出現。鶴田の陰謀なのか、亘が逮捕されてしまうという波乱の展開が待ち受ける。

 そんな激動の初回スペシャルには、『相棒』ファンにとって忘れられないキャラクターが登場する。そのキャラクターは、名優・本田博太郎演じる元内閣官房長官・朱雀武比古。朱雀は『相棒』シリーズの中でも特に名作として名高いエピソード『双頭の悪魔』(season3第1話~第3話/2004年)で、特命係に追い詰められ失脚した人物。政界の要職にありながら殺人に手を染めた朱雀は懲役18年の判決を下され、2006年に服役。ところが異例中の異例で、6年もの刑期を残し、3年前に仮出所していたことがわかった。

 朱雀は、鶴田が長年、秘書として仕えていた人物。鶴田は朱雀に薫陶を受けたと語ってはばからず、官房長官室には朱雀がしたためた書が飾ってあるほど。早すぎる仮出所の背後に鶴田が関わっているのではないかとにらんだ特命係は、真実に迫るため“ある場所”まで赴くが、特命係を前に朱雀が語ることとはいったい。

 本田が『相棒』に戻ってくるのは、実に17年ぶり。久々の出演について、本田は初回スペシャルで朱雀が右京に語る「忘れずにいてくれたとは光栄だ」というせりふそのままの心境であることを明かす。本田はまた、年月を経て再び手に取った『相棒』のシナリオの魅力を「面白い大人の風が吹いていました」と、短い言葉で表現。「水谷豊さん、反町隆史さんとは猛暑の中、心地良いキャッチボールができました」と撮影を振り返っている。

 『相棒』の歴史を語る上で外すことのできないキャラクター、朱雀武比古。舞い戻って来た朱雀は、どう特命係とからむのか。再登場が大きな波紋を呼ぶ「season20初回拡大スペシャル 復活」は必見だ。

■本田博太郎コメント
 『相棒』出演は17年ぶりですが、『忘れずにいてくれたとは光栄だ』朱雀のせりふどおりの思いです!

 今回の『初回拡大スペシャル 復活』のシナリオには面白い、大人の風が吹いていました。朱雀を久々に演じるにあたって心がけたのは“楽しく、切なく…人間臭く”。水谷豊さん、反町隆史さんとは猛暑の中、心地良いキャッチボールができました。

 朱雀の弾んでいる、そして“切ない心”を目撃してください。