2018年から3シーズンにわたって放送されたフジテレビ系『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』。このほど、復活を望む多くの声に応え、Season4が10月29日よりスタートすることが決定した。コロナ禍という苦境のなか、活路を見出しエンターテインメントで勇気を与えるアイドルたちの姿を追ったドキュメンタリー。ナレーションは前3シーズンに引き続き、風間俊介が務め、特集の内容については今後随時発表していく。

【写真】Season3に出演・Snow Man大喜び!氷でできた雪だるま

 同番組では、エンターテインメントの世界に生きる人物に焦点をあて、1年にもおよぶ長期の密着を実施。華やかな表舞台のみならず、その陰にある知られざる素顔や内面なども余すところなく追い続け、徹底した取材でリアルな姿に迫る。彼らが見せるひたむきな努力や仲間たちとの支え合い、時に苦悩し葛藤する姿は、老若男女問わずあらゆる層の共感を呼び、放送時にはSNSで『#ROT』『#RideOnTime』がトレンド上位にランクイン。視聴者からの熱烈な支持、反響の声が多数寄せられた。

 ステージの上では華やかなパフォーマンスと笑顔を見せ、ファンを魅了してきたアイドルたち。しかし長引くコロナ禍により、エンターテインメントの在り方は大きな変化を求められた。自粛要請に応じ、舞台やコンサートなどのイベントは、中止や延期が相次いだ。有観客の公演は、会場ごとに動員上限を設け、声援は禁止、観客に近づく演出は取りやめるなど、さまざまな制約の中での開催となった。今までの常識が全く通用しない、そんな苦境に直面していた。

 しかしどんなに苦しい状況の中でも“エンターテインメントの持つ力を信じて、その火を絶やさない”。そんな思いを胸に、コロナ禍に向き合いながら「今、自分たちにできることは何か」を模索していくアイドルたち。観客が声を出さなくてもダンスや手拍子などで参加する演出を考え出すなどして、コロナ禍を逆手に取った新しい楽しみ方を提示する者がいたり、直接会えないファンのために、より身近に感じてもらえる方法としてSNSを駆使する者がいたり。

 全世界が未曾有(みぞう)の危機に立ち向かう今だからこそ、エンターテインメントが人々に与える希望の光を消さないために、一体何ができるのか。試行錯誤しながらも決して諦めず、それぞれの答えにたどり着く姿を描き出す。