歌手で女優・大原櫻子が主演を務める、テレビ東京系ドラマParavi『つまり好きって言いたいんだけど、』(10月6日スタート 毎週水曜 深0:30)。このほどリモート取材に応じ、作品への思いや役柄の魅力を語った。

【場面カット】大原櫻子×櫻井海音が“急接近”するシーン

 原作は『恋はつづくよどこまでも』『はぴまり~Happy Marriage!?~』などで知られる円城寺マキ氏による同名漫画。マネージャー×俳優の2人が、同じ目標に向かって奮闘する中で芽生える恋心や、好きになってはいけないという葛藤、素直に気持ちを伝えられないもどかしさなどを表現した“焦れキュン”な禁断のゴシップラブストーリーを描く。

 物語の主人公は、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳(大原)。小さい頃に散々だまされ、恥をかかされた経験から「嘘が大嫌い」になった。そんな彼女が、ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)のマネージャーとしてつくことになる。「嘘を信じ込ませる才能」に長けているがゆえ、演技は最高な瀬那だが、私生活は問題児…。千歳は振り回されながらも、瀬那を育てようと奮闘する。しかし、瀬那の正体は、昔、千歳を騙していた幼なじみだった――。

 テレビ東京では『びしょ濡れ探偵 水野羽衣』以来、2年ぶりの主演となる大原。「円城寺さんの原作を読ませていただきました。そして漫画の世界観とはまた違うオリジナリティーあふれるドラマの脚本だなと思い、漫画とは違った千歳を演じられるのがすごい楽しみだなと思いました」と声を弾ませる。

 撮影現場の雰囲気について「めちゃくちゃいいです! 和やかだけども引き締まっている空気感です」と笑顔で明かす。相手役となる櫻井とは「2人のやり取りが多い役柄のため、こういうご時世なのでカメラが回ってないときには距離感に配慮しつつ、他愛のない話をしたりして、和気あいあいとやらせてもらっています」と、共演秘話にも花を咲かせた。

 コロナ禍での撮影となったが「このご時世ならではのドラマの演出や見せ方にも注目していただきたいです」と確かな自信をにじませた大原。ファンに向けて「ラブコメということで芸能事務所のメンバーをはじめ、非常にキャラクターの濃い人物がたくさん出てきます」とアピールした。