人気アニメ『鬼滅の刃』の特別編集版『「鬼滅の刃」那田蜘蛛山編』が19日、フジテレビで放送された。“神回”と呼ばれるテレビアニメ第19話「ヒノカミ」で初登場した「ヒノカミ神楽」が、炭治郎から繰り出されるとネット上では「キター!」「なんど見ても感動しちゃうんだよな…」「ヒノカミ神楽で泣ける」などの声があがっている。

【画像】神シーンの瞬間!「俺と禰豆子の絆は!」ヒノカミ神楽を繰り出す炭治郎

 ヒノカミ神楽とは、鋼鉄並の強度の糸を操る「下弦の伍」の鬼・累に日輪刀を折られ、絶体絶命の炭治郎が土壇場で「水の呼吸」に変わって繰り出したもの。アニメでは、炭治郎が亡き父より代々受け継いできた神楽だということしか明かされておらず、いまだ多くのことが謎に包まれている。

 炭治郎と禰豆子の絆の強さも描いたシーンに「ヒノカミ神楽の最終回感よ」「何回見ても良いわ」「ここのシーン神やなほんまに」「何回見てもヒノカミ神楽で泣いてしまうんよ」など感動の声があがっている。

 特別編集版は今後、23日に第五夜「柱合会議・蝶屋敷編」が放送。そして、25日には大ヒットアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が全編ノーカットでテレビ初放送され、放送後には遊郭編の新情報やキービジュアルに描かれている新キャストなどの詳細発表を予定している。