大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手(35)の妻で元レスリング世界女王・山本聖子(41)が18日、自身のブログを更新。2018年9月18日に死去した兄で格闘家の山本KID徳郁さん(享年41)の命日を迎え「こんなカッコいいお兄ちゃんがいるのは世界に私だけだな」とつづった。

【写真】幼少期からファイター時代まで…さまざまなKIDさんのショット

 「命日」と題して更新したブログで、聖子は「こんなカッコいいお兄ちゃんがいるのは世界に私だけだな」と、“NO MUSIC, NO LIFE.”の文字と日本武道館をバックに兄と歌手
の矢沢永吉とコラボレーションした写真を公開した。

 また、同日に「9/18」と題して更新したブログでは「UFCの試合前のチェックアップで病気が見つかったノリ。目の前の試合が消えて、それでも最後までケージに戻る事をあきらめなかった強い兄」とつづり「試合ができることの喜び、試合ができる体を持つことの喜び、家族と過ごせることの喜び、家族と仲良くできることの喜び、人を助ける心を持つという事の大切さ、なにより生きてる事がどれだけ贅沢なのかを教えてくれたね」と兄の写真とともに振り返った。

 最後は「辞めたお酒、好きな甘いもの、今日は置いておくね。大丈夫、後でコーヒーも買っておくよ」とメッセージを送った。ファンからは「兄妹想いのやさしい方」「キットさんはやはり神の子ですね…逢いたいです…」「永ちゃんとKIDさん格好いいなぁ」「本当にカッコいい」などの声が寄せられている。