歌手の小林幸子(67)が20日、神奈川・横浜アリーナで開催された『K-1 WORLD GP 2021 JAPAN ~よこはまつり~』大会でスペシャルラウンドガールに初挑戦した。

【写真】ラウンドガールを務めた小林幸子 龍華との2ショット

 「スーパーファイト/K-1 ライト級/3分3R・延長1R」龍華 VS 蓮實光の試合開始前、「小林幸子、降臨」のテロップが会場のスクリーン画面に大きく映し出されると、紅白歌合戦を彷彿(ほうふつ)とさせる豪華絢爛(けんらん)な衣装を身にまとった小林が登場。“勝利の女神”として楽曲「千本桜」を歌唱しつつ、花道を練り歩いた。

 そしてマイクを持ち「みなさん、こんにちは!」と来場者にあいさつ。「私、『K-1』初めてでございますが、こんなに興奮して拝見させていただくのは初めてでございます。どうぞ選手の皆さん、勇気と希望と幸せを差し上げてください。頑張ってください。楽しみにしてます」と激励していた。

 K-1JAPAN GROUPとして約2年ぶり2度目となる横浜アリーナ大会では、安保瑠輝也・野杁正明らが出場する第2代K-1ウェルター級王座決定トーナメントをはじめ、プロボクシングでも活躍した京太郎 VS K-1 クルーザー級王者シナ・カリミアンの一戦も。さらに北京五輪柔道金メダリストの石井慧が『K-1』に電撃参戦するなど、注目の戦いが目白押しとなっている。