お笑いトリオ・東京03地上波初の冠コント番組『東京03とスタア』が、10月3日よりスタート(日本テレビ 毎週日曜 後1:45 ※関東ローカル)。「人気者=スタア」と魅せる同番組では、テレビ東京で『ゴッドタン』などを手がける佐久間宣行氏、日本テレビで『有吉の壁』などを手がける橋本和明氏が企画・演出でタッグを組み、初回ゲストには千葉雄大が出演を果たす。

【写真】企画・演出でタッグを組む佐久間宣行氏&橋本和明氏

 番組のメインとなるスタアとのコントでは、毎回異なるスタアと、毎回さまざまな作家が脚本を担当。今回は、オークラ氏が脚本を担当し、千葉と大人の友情をテーマにしたコントを繰り広げる。さらに、ミニコーナー「東京03とやりたい音声コント」では、毎回異なる若手芸人が東京03とどうしてもやりたい音声コントを制作する。

 今回の発表を受けて、千葉、佐久間氏、橋本氏がコメントを寄せた。

■千葉雄大

――番組初回のスタアとしての出演はいかがでしたか?
本当に光栄ですし、それとともにめちゃくちゃプレッシャーを感じました(笑)。でもご一緒できてうれしいです。

――スタアと呼ばれてゲストに来るプレッシャーはすごいですか?
そうですね(笑)。スタアなんて呼ばれないですし、僕からしたら東京03の3人がスタアなので。ただ、(以前共演経験があり)また呼んでいただけるというのは本当にうれしくて、本当に光栄でした。

■佐久間宣行氏&橋本和明氏

佐久間氏:東京03さんは、何回か仕事して面白いのは知っていましたし、さらに最近の単独ライブで大人の面白さがどんどん出てきていたので、お茶の間でコント番組をやったら、もしかしたら若手がやるのと違う面白さが出せるんじゃないかと思っていたんです。あとは単独(ライブ)にいろんな芸能人の方が観に来ているのを見て、「03の単独に混ざりたい人」はけっこういるんじゃないかと思っていました。そんな時に、昔から知っていた橋本さんから「日テレで何かやれませんか」というお言葉をいただいて、「じゃあ東京03でやりたいです」「冠コント番組どうですか?」という話を、橋本さんが通してくれました。(コント番組は)企画するのは簡単でも実現するのが大変なので実現までこぎつけてくれた、他の局じゃ通らないんじゃないか、と思いました。

橋本氏:佐久間さんがおっしゃる通り、コント番組をやるのはとても大変な時代です。セットも建てなきゃいけないですし、コントのノウハウを継承しているスタッフも少なくなってきたので。僕もコント番組をずっとやりたいと思っていたんですが、日本テレビでやってもらうなら、芸人さんたちが目標とするコント職人・東京03さんにやっていただきたいという思いはずっとありました。今回はさまざまな役柄でゲストが来てくれるので、その度に東京03さん3人の関係性も変わりますし、ゲストとの化学反応も期待できます。あらゆるゲストをお迎えして無限に放送できる企画だなというのを、佐久間さんとお話していても強く感じます。手伝いたいですという(局内の)若手もたくさん出てきていて、聞くとだいたい03さんか佐久間さんのファンなんですよね(笑)。なので現場は、すごくいい雰囲気でできているなと思います。