日本を代表する7つのアニメスタジオが、「スター・ウォーズ」への愛と強い思いを持って制作したシリーズ『スター・ウォーズ:ビジョンズ』が9月22日午後4時より、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+ (ディズニープラス)で独占配信開始となる。全9作品のうち、スタジオ「TRIGGER」今石洋之監督による“ダークサイドの双子の物語”を描いた『THE TWINS』のあらすじと場面写真が解禁となった。

【動画】『スター・ウォーズ:ビジョンズ』予告編

■『THE TWINS』あらすじ

 再び銀河のバランスが崩れようとしていた。平和と繁栄が続く共和国から遠く離れた未知の領域で、かつての銀河皇帝が扱った恐るべきダークサイドの力によって生みだされた双子の暗黒卿<Am(アム)>と<Karre(カレ)>は、銀河帝国の残党を率いてシスの復権と新たなる銀河帝国の再建を企んでいた。強大な力を持つ邪悪な究極兵器も完成し、まさに今、新帝国旗艦<ツインスター・デストロイヤー>起動の最終調整が行われていたのだった…。

■双子の暗黒卿「いつか正史に登場したらうれしい」

 解禁された場面写真には、左側に赤い光を放つ<Am(アム)>と右側に青い光を放つ<Karre(カレ)>の強大な力がぶつかり合う姿が描かれている。新たに登場する帝国旗艦<ツインスター・デストロイヤー>を舞台にした激しいライトセーバーを使ったバトルアクションもあるとのこと。AmとKarre、2人の運命の戦いの行方は…?

 本作を手掛けた今石監督は、『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』、『プロメア』などを生んだ、日本のアニメ業界を代表する鬼才。今石監督は「スター・ウォーズ」と日本のアニメーションがタッグを組むプロジェクトについて「自分が最初に『スター・ウォーズ』に出会った時の感動を再現しつつ、これから新たに『スター・ウォーズ』に触れる人たちにも同じ感動を伝えられるような作品を目指しました」と思いを明かす。

 さらに「スター・ウォーズ」では、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』に登場するアソーカ・タノが『マンダロリアン』シーズン2に登場するなど、作品を超えて影響を与えることがある。AmやKarreが正史に登場する可能性について「もちろん、その可能性も見据えていました。我々の生み出したキャラクターたちがいつか正史に登場したらうれしいです」と意気込みを語った。

 声優は、Karre(カレ)役に榎木淳弥、Am(アム)役に白石涼子、B-20N役に川島得愛など。今石監督は声優陣について「グローバル版でKarre役を演じてくれている榎木淳弥さんは以前、自分の監督作品に出演いただいた経験もあり、何も言わずとも作品が望むテイストを理解してくれている心強さがありました。英語吹替版は昔の海外ドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』の主演を務めたニール・パトリック・ハリスが演じてくれるのがうれしいですね。彼の音声はまだ聞けていないので、楽しみにしています」と期待を込めた。