ディズニー・ロシアによる「異世界」エンターテインメント『The Last Warrior』が『ベロゴリア戦記』の邦題で、『ベロゴリア戦記 第1章:異世界の王国と魔法の剣』が11月26日より、『ベロゴリア戦記 第2章:劣等勇者と暗黒の魔術師』が12月3日より、2作連続公開されることが発表された。

【画像】美しい風景や個性豊かなキャラクター満載 第1章&第2章場面写真

 アニメやライトノベル等で空前の人気を誇る「異世界転生・転移」作品。本作は、人間界でペテンを働く男が異世界の王国に転移し、王国の危機を救う救世主に祭り上げられるアクション・アドベンチャー。バーバ・ヤーガやヴォジャノーイ等おとぎ話や伝説のキャラクターも多数登場する、異世界ものの王道を映像化したエンターテイメント作品に仕上がっている。

 ディズニー・ロシアによるファンタジーに彩られた世界観と、最先端のVFXを駆使した映像は、ロシアのアカデミー賞と称されるゴールデン・イーグル賞においてメークアップ賞と特殊効果賞を受賞。本国ロシアでの公開時には、第1章、第2章とも第1位を獲得し、圧倒的な人気を確立。第3章が今年の12月にロシアで公開を控えている。

 主人公は、天涯孤独の身で、人々をだましながら生きてきたイワン。ひょんなきっかけで魔法が存在するベロゴリア王国に異世界転移してしまい、王国を救う最後の希望となる。しかし、王国の存亡にはこれっぽっちも興味無し。イヤイヤながらも冒険の旅へと出発するが――。

 第1章では、人気テレビ番組に魔術師として出演したイワンだったが、うそがばれて逃走劇を繰り広げる中、プールのウォータースライダーに逃げ込む。そこを抜けると全く見覚えのない世界が目の前に広がっていた。待ち受けていた老爺から、ここはイワンが生まれたベロゴリア王国で、イワンは伝説の戦士イリヤが人間界に隠した息子だと聞かされる。そして、闇に支配されようとしている王国を救う救世主として召喚されたというが、イワンが手にしていたのは電波の届かないスマートフォンだけだった。そんな人間界のペテン師が、異世界転移で勇者となれるのか?

 第2章では、イワンたちの活躍によって平和を取り戻したベロゴリア王国に新たなる危機が迫る。イワンは毎日のように魔法の剣を使い人間界と王国を行き来し、最新家電を王国に持ち込んで快適な生活を送っていた。しかし、恋人となったヴァシリーナは文明を嫌い、結婚して人間界に引っ越すことには消極的だった。そんな中、各地から戦士が集まり力比べの競技会が開催されるが、イワンは能力がなかなか目覚めず、さらには恋のライバルも現れていらだつ。ヴァシリーナにアピールするため一念発起して競技会に参加するが、そこにヴァルヴァラが魔法の剣を奪うために再び現れる。しかし、魔法の剣はイワンの使い過ぎで魔力を失っていた。イワンたちは再び冒険の旅へと出発する。