EXILEのAKIRA、TETSUYA、岩田剛典、佐藤大樹が先日、都内で行われたABEMAのEXILE結成20周年記念特番『EXILEと踊ろう』の取材会に登場した。

【写真】仲良くガッツポーズ!男の色気を出すEXILEメンバーたち

 10月2日午後7時より放送される同番組は、EXILEに憧れたタレント、EXILEとともに青春時代を過ごしてきた世のお父さんやファミリーが次々とダンスでコラボしていくというもの。「EXILEと一度でいいから一緒に踊りたい」「家族のためにダンスでカッコいい姿を見せたい」など、参加者の夢を叶えるためにメンバーたちがサポートしていく。

 収録を終えたあとの感想を聞かれるとAKIRAは「20年の活動は僕たちだけでなく、ファンの方、多くの方々に支えていただけたこととともに、みなさんの人生に寄り添えてたと感じさせる胸が熱くなる企画になりました」としみじみ。

 TETSUYAは、「僕もファンの方と一緒に踊り、『ダンスっていいな』と思いました。楽曲をカバーしていただくことはあるのですが、楽曲を踊ってもらう企画というのは、僕らの曲の新たな一面を見られるような気がして楽しい収録になりました」と企画に感謝した。

 岩田は「20周年の節目をみなさんと直接お会いして、時間が過ごせたことは、名誉なことだと感じました」とし、「僕は20周年をお祝いするとなった時に、2014年に加入したメンバーなのでまだ7年目。ファンの方から『20年以上、応援しています!』という声を聞くと、自分なんかより先輩だなと思います。長年支えてくれるみなさんのおかげでグループが続けられてきたんだなと思います。感謝の気持ちでいっぱいになりました」と話した。

 佐藤も「参加者のEXILEとの出会い方は何通りもあると感じました。出会い方や好きな曲、エピソードが違いますし、今までの歴史がある。改めてEXILEが好きで応援しているんだなと思いました」と伝えた。

 EXILE誕生20周年につてAKIRAは「メンバーたちにもEXILEと人それぞれのストーリーがありました。EXILEは1つのダンス&ボーカルグループから時を経て、さまざまな出会いによって夢を分かち合う場所であったり、ダンス&ボーカルグループの垣根を越えてLDHという軍団に成長できたところもある」と説明し、「この20年で歴史やみなさんとの思い出もありつつ、この成長とともに今のLDHが、HIROさん筆頭にあると思います」と振り返った。