お笑いタレントの明石家さんまが、11日放送のMBSラジオ『ヤングタウン土曜日』(毎週土曜 後10:00)に出演。ビートたけしが、4日放送のTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)出演後、同局の敷地内で40代の男に襲われたというニュースについて語った。

【画像】自撮りするビートたけし

 さんまは「たけしさんは意外と平気だったと思う。40数年、こんな人たちを相手してきたから。オレは、これまで5人警察に引き渡していますから、いろんなことがあって。一番困ったのが、日曜日の6時半に必ず現れる人。カンカンカンってして『ねぇ一緒にサザエさん見よう』って」と自身を引き合いにコメント。「自分で言うのもあれやけど、オレとたけしさんは選ばれし男たちやと思う。それと50年近く暮らしてきているわけやから。アイドルはもっと大変やろうと思う」と口にしていた。

 11日放送の『ニュースキャスター』では、冒頭に安住紳一郎アナウンサーから事件について振られ、たけしが「しゃべりたいこと満載なんだけど、警視庁の方で捜査に影響あるので黙っててくれって、漫才師なのに何もしゃべれないっていうつらい立場で。暴力を2回を受けたようなものです」とジョークを交えて語った。そして、当時の様子について「ガラスがボンボン飛んできて、よくある映画のワンシーンみたいな感じだったね。アメリカのアクション映画で見るような映像があるじゃん? 同じような感じ。結構怖いですよ」と語った。

 「何分くらいですか?」との問いに、「十何発…わかんないんだけど、時間が飛んでるんだよね」とぽつり。襲撃により「(車のガラスが)割れなかったから良かった。穴はちょっと開いてた」と説明し、「(右耳を触りながら)こういうところも切れてたんだけど1週間たったら治った。あと逃げるのにのたうち回ってたらぎっくり腰になっちゃった」と明かしていた。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる(エリア外はプレミアム会員への入会が必要)。