女優の白石麻衣が11日放送のテレビ朝日系バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55※一部地域除く)に出演する。

【写真】結婚についての本音をぶっちゃけた白石麻衣

 お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太、フリーアナウンサーの田中みな実、テレビ朝日アナウンサーの弘中綾香がMCを務める同番組。金曜ナイトドラマ『漂着者』に出演する白石が、スタジオゲストとして約7ヶ月ぶりに再登場。先週から始まった「あざと連ドラ」第3弾『あざとくないと恋は出来ない?』の第2話を鑑賞した。すると、白石はホラー作品でも見たかのように悲鳴を上げる一幕も。さらに「どうしてこうなっちゃったの…」とオロオロしてしまった、衝撃展開が繰り広げられる。

 紺野彩夏が「慶大卒の完璧主義・のどか」を、櫻坂46の新センター・田村保乃が「王道あざと女子・祥子」を、鈴木ゆうかが「自由奔放女子大生・アキ」を、アンジュルムの佐々木莉佳子が「ガサツで面倒くさがり屋の杏里」を演じ、美女4人の共同生活&4人それぞれの闇を描く『あざとくないと恋は出来ない?』。前回暴かれた元カレをネットストーカー中という“のどかの闇”に続き、第2話では“祥子の闇”が発覚。田村が演じた、ほんわかする表の顔に隠された、背筋が冷えるヤバい素顔に、白石だけでなく、MC陣もザワつくことになった。

 『あざとくないと恋は出来ない?』第2話のテーマは「結婚」。ドラマを見てテンションを上げた田中&弘中&白石から、それぞれの結婚観に関するトークが。さらに、山里が結婚を決めた理由も告白。そのステキな理由に、女性陣が大感激。白石も「カッコいい!」とほれぼれした、山里の胸の内とは。

 また今回は、17日から「TELASA(テラサ)」で配信がスタートするオリジナルドラマ『僕らが殺した、最愛のキミ』に出演する井桁弘恵&古川毅が、視聴者から寄せられた、あざとエピソードを再現ミニドラマ化。3タイプのあざと男性をフィーチャーする。