タレントのビートたけし(74)が、11日放送のTBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に出演。4日の同番組出演後、同局の敷地内でつるはしを持った40代の男に襲われた事件について説明した。

【画像】自撮りするビートたけし

 冒頭、安住紳一郎アナウンサーから事件について振られ、たけしは「しゃべりたいこと満載なんだけど、警視庁の方で捜査に影響あるので黙っててくれって、漫才師なのに何もしゃべれないっていうつらい立場で。暴力を2回を受けたようなものです」とジョークを交えて語った。そして、当時の様子について「ガラスがボンボン飛んできて、よくある映画のワンシーンみたいな感じだったね。アメリカのアクション映画で見るような映像があるじゃん? 同じような感じ。結構怖いですよ」と語った。

 「何分くらいですか?」との問いに、「十何発…わかんないんだけど、時間が飛んでるんだよね」とぽつり。襲撃により「(車のガラスが)割れなかったから良かった。穴はちょっと開いてた」と説明し、「(右耳を触りながら)こういうところも切れてたんだけど1週間たったら治った。あと逃げるのにのたうち回ってたらぎっくり腰になっちゃった」と明かした。

 安住アナによると、男は駆けつけた警察官に取り押さえられ、刃渡り10センチの小刀を所持していたため、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。千葉県の40代、無職の男で「6月下旬に弟子入りを頼んだが、相手にされず根に持った」と話しているという。

 安住アナから体調を気遣われたたけしは「2日間くらいだめだったね」と心境を吐露。「酒のんで寝て、映画の撮影が入ってるのよ。監督だけど自分もやるわけ。その時に刃物がトラウマになっちゃって、スタッフに『ちょっと待ってくれ』っていそうになった」と、事件のフラッシュバックに苦しんだと明かした。

 続けて「今は音が嫌だ。ポンって音を聞くと『うっ』ってなる。さっきゾマホンが洗濯してポンポンポンポン鳴らしてて、ちょうど襲撃されたときの音だから『バカヤロー』って怒鳴っちゃった」と現在も悩まされているという。