俳優の崎山つばさ(31)と植田圭輔(32)が11日、都内で行われた映画『クロガラス3』公開記念舞台あいさつに登壇した。

【全身ショット】黒と白の対照的な衣装で登場した崎山つばさ&植田圭輔

 『クロガラス』シリーズは、金と欲望渦巻く新宿歌舞伎町を舞台に、裏社会トラブルを解決する東京アンダーグランド系アクションエンターテインメント。『クロガラス3』では、最強バディ・黒斗(崎山)と悠哉(植田)のハードなアクションシーンが盛り込まれ、シリーズ中最も熱い展開が期待されている。

 映画にちなみ「●●さんの、●●を解決してあげたい!」をテーマにトークを展開した。崎山は植田の多忙っぷりについて「舞台が終わった次の日に稽古が入ってたりとか。クロガラスのときも手元に台本が3つくらいあった。本当にずっと働いてる。それを解決してあげたい」と切実に心配。「旅行は今行けないけど、そういう期間をしっかりスケジュールに入れてあげたい」と思いやった。

 一方の植田は「完璧な男過ぎて、解決してあげたいことがない」としつつ、「強いて言うならつばさのインドアを解決してあげたい」とにっこり。「『ゆったりする時間をプレゼントしたい』って言ってくれてたじゃん? ゆったりする時間を一緒に過ごして、外に引っ張り出してあげたい」と“脱インドア”のプランを明かした。これに崎山も乗っかり、「(本作の続編を)『海外マフィア編』にしてもらって、撮影と別に前乗りとかしてゆっくりすればいいと思います。わがままな俳優だな(笑)」と苦笑していた。