男性2人組ユニット・スキマスイッチ(大橋卓弥・常田真太郎)が12日、日清食品パワーステーションリブートより生配信された『スキマスイッチSPECIAL ONLINE LIVE powered by J-WAVE』に登場し、名曲10曲を披露した。

【ライブ写真】『ハガレン』OPなどを楽しく熱唱するスキマスイッチ

 パワステリブートは日本で初めて音楽配信に特化したライブハウス。1曲目は「ガラナ」、そして間髪入れず「ユリーカ」に突入し、「配信ライブも久しぶりでね。まだ2曲しかやってないけど楽しいね!」(大橋)、「もう出し尽くしてる感じあるね(笑)」(常田)と笑いを誘った。

 ステージからは視聴者のチャットも見れるようで、「これ見てると歌詞忘れそうになるわ」と大橋は会場ならではのシステムに興味津々。今年4月に配信リリースされた「吠えろ!」ではサビにさしかかると「おおーおおー」とチャット画面で合唱が起こり、配信ならではの一体感が実現した。

 後半は「ゴールデンタイムラバー」などを歌い盛り上げた。ラストは彼らの動と静の代表曲を1曲ずつ披露することになり、動は「全力少年」、静は「奏(かなで)」を披露しファンを楽しませた。