俳優の中川大志と、女優の新木優子が、読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)最終回(12日放送)を前にクランクアップを迎えた。星野和成監督から花束を贈られた主演の中川は「終わりました~!! 主演が決まってからずっと…今日は泣かないと決めていたんですが(笑)自分にとって初めてのゴールデンプライム帯の主演、そしてオリジナル作品にチャレンジさせていただき、生み出す大変さ、苦しさも改めて痛感しました」と感極まった表情をみせた。

【写真】「髪短いの珍しい」ショートボブ姿の新木優子

 続けて「でもそれが楽しかったし、自分はやっぱり演じることが好きなんだと感じました。スタッフ、共演者の皆さんに支えていただき、たくさんチャレンジさせていただいた。この先役者をやっていく上で、この作品はずっと忘れない経験になりました。そして、優子ちゃんがずっと隣で支えてくれました。頼ってばっかりでした。本当に楽しかったです! 皆さんありがとうございました!」と達成感をにじませた。

 今作は殺し屋の柊(中川)がターゲットであるヒロインに恋してしまうことから始まるサスペンスラブストーリー。最終日の撮影場所は、劇中にたくさん登場した、新木演じる葵がなりすましていた鳴宮美月の仕事部屋。撮影は長時間に及び、2人がクランクアップを迎えた時には夜遅くなっていた。

 撮影クルーが見守るなか、宝来忠昭監督から花束を贈られた新木は「3ヶ月間、濃い時間を過ごさせていただきました。大変な状況での撮影でしたが、一つ一つ乗り越えて、楽しめた現場でした」とあいさつ。「大志君が、いろんなところに気を配ってくださり、私たち共演者を引っ張ってくれました。年下ですが、尊敬するところばかりです」とねぎらうと、「熱い夏になりましたし、楽しいこの作品に参加できてうれしかったです! ありがとうございました!」と笑顔でしめくくった。