スーパー銭湯のアイドル・純烈(後上翔太、白川裕二郎、小田井涼平、酒井一圭)が11日、都内で行われた映画『スーパー戦闘 純烈ジャー』公開記念舞台あいさつに登壇。公開早々、同作の続編制作が決定したことをメンバー自ら報告した。

【動画】サプライズ発表も!ファンに感謝の言葉を伝える純烈

 歌謡界のスターダムである純烈のメンバー。それは世を忍ぶ仮の姿で、実は皆の憩いの場となる温泉施設の平和を守るヒーロー“純烈ジャー”として、人知れず温泉の平和を乱す悪と戦っていた。ある時、全国の温泉でイケメンが行方不明になるという怪事件が多発し、話題となるが、事件性が見られないことから警察の捜査は見送られてしまう。温泉の危機を感じ取った純烈のメンバーは、独自に捜査を開始するが…、というストーリーとなっている。

 公開を迎え、酒井は「大江戸温泉物語のお台場が閉館になり寂しいところだったが、これ以上全国のお風呂屋さんを笑顔にということで、純烈ジャーになって全国の温泉を守りたいと思っている。ぜひとも映画をご覧いただければ」などと呼び掛けた。

 そして「ちょっとお知らせををさせてください」と切り出し、「純烈のお人形になります。これがソフビで発売となります。年内発売の予定となっております」とPR。続けて、グループのYouTubeチャンネルについてもリニューアルする明かし「『純烈じゃ~TV』と名前を変えて、今日からまた新たにガンガン上げていこうと思っています」と力強く意気込んだ。

 「そして最後に『純烈ジャー』パート2制作決定です」と報告し、「明日から撮影です。よろしくお願いします。まだ公開したばっかりだけど」と笑みを浮かべた。女王フローデワルサとして本作に出演している小林幸子は「本当にすごいですね」と続編の制作決定を祝い、「フローデワルサはいらない?」などと早くも自ら“出演オファー”していた。

 舞台あいさつには小林綾子、前川清、佛田洋監督も登壇した。