俳優の荒牧慶彦が主演で、10月6日からスタートする日本テレビの連続ドラマ『あいつが上手(かみて)で下手(しもて)が僕で』(毎週水曜 深0:59)。このほど荒牧演じる時浦可偉(ときうら・かい)、和田雅成演じる島世紀(しま・せいき)による漫才コンビ『エクソダス』のビジュアルが公開された。

【写真】2.5次元スターがお笑いコンビに ポスタービジュアル解禁

 今作では、二人のほか崎山つばさ、和田雅成、鳥越裕貴、陳内将、梅津瑞樹、橋本祥平、田中涼星ら2.5次元のトップスター軍団が勢ぞろい。ヨーロッパ企画・上田誠氏らが描く、お笑いコンビの芸人青春群像劇となっている。なお、読売テレビでは10月9日の深夜から放送。12月には東京・大阪で舞台化も予定している。

 舞台はお笑いライブハウス『湘南劇場』。“遭難”劇場と揶揄される寂れた劇場へ“島流し”された8人の芸人たち。「ここを脱出しないと、芸人としての未来は無い…!」。絶体絶命絶望手前のこの状況、どんな手を使ってでも脱出すべく、時に手を取り、時に蹴落とし合いながら、芸人としての賞味期限までのカウントダウンが始まる。

 『エクソダス』は、それぞれピン芸人として活動していた時浦と島が、舞台となる“遭難劇場”とも呼ばれる流れ者が集まる劇場『湘南劇場』で出会って結成。高校時代からはがき職人として腕を磨き笑いへのこだわりが強い時浦。関西仕込みの鋭いツッコミが持ち味だが、普段は湘南劇場イチお調子者の島。そんな相反する2人が一体どんな漫才コンビになるのか。

 このほか「エクソダス」「らふちゅーぶ」「アマゲン」「ロングリード」といった4組のお笑いコンビたちが相方や仲間たちと劇場の脱出を目指し奮闘。劇中では各コンビが芸人さながらに練習を重ねた漫才シーンも見どころとなる。