歌舞伎俳優の尾上右近が9日、都内で行われた岡田准一主演の映画『燃えよ剣』(10月15日公開)完成報告イベントに登壇した。今作で映画に初出演し、松平容保役を演じた右近は「沖田(総司)役の山田(涼介)くんが痩せている姿、戦っている姿を見て、なんてすばらしいんだ、と。ここはもう気合を見せないとと思い、僕も3日食べずに、睡眠も減らして、容保の同じ状況を作ってみようと思ったんです」と自主的に過酷な役作りに励んだことを明かした。

【集合ショット】岡田准一、柴咲コウ、山田涼介ら豪華登壇者たち

 今作は司馬遼太郎氏による人気原作を原田眞人監督が映画化。激動の幕末でわずか6年だけ存在した「新選組」は、いかにして歴史に名を刻む“伝説(レジェンド)”となったのか。時代の大きな変化の中、剣を手に命を燃やした男たちの知られざる“愛”と“戦い”を描き出すスペクタクルエンターテインメント。岡田が新選組“鬼の副長”土方歳三を演じている。

 初めてのことだらけの映画撮影で「何よりも右も左もわからない、戸惑いがあるなかで、僕も監督をはじめ、みなさんに助けられたのですが、松平容保は政治的な意味でも孤立していて、孤独感があった」と明かした右近。ストイックすぎる役作りでは「相談すればいいのに自分でやっちゃったもんだから、栄養失調になっちゃって呼吸もできないし、手もしびれて意識もうろうしちゃって、監督の指示も聞こえてこない」とかなり追い込まれたそう。

 だが「土壇場になって本番直前でハンバーグを食べるっていう。それでしのいでなんとかクリアしたんですけど、そういう意味で孤独と戦ったというのはあります」と苦笑。密かに孤軍奮闘していた右近に岡田は「ゲッソリしていて、作り込んできてるんだろうなというのはみんな、わかってましたよ。確かにフラフラでしたよね。大変そうでした。画で出てました」と感心するも、右近は「スーパー空振り野郎でした」と反省しきりだった。

 この日は柴咲コウ、鈴木亮平、山田涼介(Hey! Say! JUMP)、尾上右近、山田裕貴、伊藤英明、原田眞人監督が登壇した。