歌手で女優・大原櫻子が主演を務める、テレビ東京のドラマParavi枠『つまり好きって言いたいんだけど、』(10月6日スタート 毎週水曜 深0:30)のキービジュアルが10日、解禁となった。また、レギュラーキャストとして、西村まさ彦、佐藤江梨子、宮尾俊太郎の出演も発表された。

【写真】大原櫻子&櫻井海音を取り巻く豪華キャスト陣も決定!

 原作は、『恋はつづくよどこまでも』『はぴまり~Happy Marriage!?~』などで知られる円城寺マキ氏による同名漫画。マネージャー×俳優の2人が、同じ目標に向かって奮闘する中で芽生える恋心や、好きになってはいけないという葛藤、素直に気持ちを伝えられないもどかしさなどを表現した”焦れキュン”な禁断のゴシップラブストーリーを描く。

 物語の主人公は、突如芸能事務所に転職することになった24歳の冴島千歳(大原)。小さい頃に散々だまされ、恥をかかされた経験から「嘘が大嫌い」になった。そんな彼女が、ブレイク寸前の注目俳優・藤代瀬那(櫻井海音)のマネージャーとしてつくことになる。「嘘を信じ込ませる才能」に長けているがゆえ、演技は最高な瀬那だが、私生活は問題児…。千歳は振り回されながらも、瀬那を育てようと奮闘する。しかし、瀬那の正体は、昔、千歳を騙していた幼なじみだった。

 このほど、本作のキービジュアルが完成した。キャッチコピーは“恋に「カット」はかけられない”。ドラマの見どころでもある、マネージャー×俳優の禁断愛にフォーカスを当てたデザインで、メイク室で千歳と瀬那が倒れ込み、2人が芸能カメラマンに狙われた様子を表現。ドキドキ感満載の印象的なビジュアルに仕上がっている。

 そして今回、主人公・千歳と瀬那を取り巻くレギュラーキャストが公開された。西村は、千歳と瀬那が所属し、小さいけどアットホームで良心的な事務所を営んでいる敏腕社長・東山一樹。佐藤は、昔ながらの人情派マネージメントで、千歳に“マネージャーのいろは”を伝授する事務所の先輩マネージャー・原真知子。宮尾は、かつて国民の大スターだったが、スキャンダル騒動で一気に転落し、今は電話番から掃除まで事務所のために働いている朝比奈玲司をそれぞれ演じる。