TBSでは、全国の10代の女性を対象に将来ドラマで活躍する女優を発掘・育成する『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』を昨年12月に発足し、オーディションを開催。約9000人の応募の中からプロジェクトメンバーとして選ばれた10人が、8月28日から2週にわたって放送した最終演技バトルを経て、ついに9月11日放送の『私が女優になる日_』(毎週土曜 深0:58~※地域により放送時間が異なる)で最終結果が発表となる。

【場面カット】最終演技バトルで相手役を務めた鈴鹿央士

 8月下旬にはそのドラマの情報を続々と発表。TBS史上初となる『よるおびドラマ』であり、企画・原案は本プロジェクトの総合プロデューサーである秋元康氏、そして脚本は人気ラブコメ脚本家の徳尾浩司氏が手がける『この初恋はフィクションです』であること、また、坂東龍汰、窪塚愛流、坂井真紀、矢田亜希子といった多彩な共演キャストがすでに発表されている。

 そして、ついにあすの放送で主要キャストとして出演するメンバーが決定。全10回にわたる演技バトルの最終結果は、本プロジェクトの総合プロデューサーである秋元康氏から発表する。予告動画では、番組MCを務める藤森慎吾から「重大発表があります」と告げられ、プロジェクトメンバーの緊張感がさらに高まる場面も。数々のオーディションを審査してきた秋元氏も「これは難しい…」「決められない」と、先週放送の最終審査で頭を抱えていたが、女優の原石10人の運命はどうなるのか。

 半年前まで普通の女の子だった10人のプロジェクトメンバーが、主要キャストとしてTBSドラマへ出演し「女優になる日」までの軌跡をぜひ見届けたい。

 約半年間の演技バトルを経て、成長してきた彼女たちの熾烈な最終演技バトルの様子は民放公式テレビポータル「TVer」、動画配信サービス「Paravi」で配信中。『私が女優になる日_』では、地上波の放送、バーティカルシアターアプリsmash.の「収録ドキュメンタリー」も配信している。

 また、地上波で放送しきれなかった演技バトルは公式YouTubeチャンネル『私が女優になる日_』でも公開している。