映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のビーニー・フェルドスタイン主演で、作家・コラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説を映画化した『ビルド・ア・ガール』(10月22日公開)の30秒特別予告と新たな場面写真が解禁された。ビーニーは本作から「失敗する日もあれば成功する日もある」ことを学んだといい、「そのことをこれからずっと忘れない」とコメントしている。

【動画】『ビルド・ア・ガール』30秒特別予告

 物語の舞台はオアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、ハッピー・マンデーズやマニック・ストリート・プリーチャーズといった人気バンドが、ロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリス。音楽業界に単身で乗り込む、ティーンの奮闘を描いた青春エンパワーメントムービー。

 公開された30秒特別予告では、勇気を出して新しい世界へ一歩踏み出したジョアンナが、初めての失敗や挫折を経て「失敗してもあきらめずに進み続けるの」と自分を見つめ直し、未来に向かってふたたび突き進んでいく姿を見ることができる。

 また、アルフィー・アレン演じるジョアンナの初恋の相手で、ロック・スターのジョン・カイトは「書き続けろ、君には才能がある」と彼女を優しく見守り、ジョアンナのキーパーソンとなるエマ・トンプソン演じるアマンダ・ワトソンは「あなたはこれを書くべきよ」と、ジョアンナの人生を優しく後押しする2人のせりふにも注目。観終わったあと一歩踏み出す勇気が湧いてくるかも。

 新たに解禁された場面写真は、ポジティブに人生を切り拓いていくジョアンナの姿が垣間見える4点。ビーニー・フェルドスタイン自身も本作について「私にとってこの映画は、失敗する日もあれば成功する日もあると教えてくれた。私は自分が15歳でも85歳でも、大成功する時もあれば途方に暮れる時もあっていいと言ってもらいたい。この映画は、人々にそんなメッセージを送っているのだと思う。私自身、そのことをこれからずっと忘れない」とメッセージを送っている。