女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)第7シリーズに、2019年の第6シリーズで“ドクターXデビュー”を飾った今田美桜が、東帝大学病院の看護師・大間正子役で再び出演することが決定した。

【写真】パンツタイプのナース服も様になる今田美桜

 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが武器のフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)。「いたしません」「私、失敗しないので」という名せりふとともに、病院組織で数々の騒動を巻き起こしながらも、外科医の本質である手術や治療を成し遂げるため、一切の妥協を許さず突き進む姿を描き、視聴者の心を掴んできた。2年ぶりの最新作となる第7シリーズでは、100年に1度のパンデミックで新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」を舞台に、未知子が新たな戦いへと身を投じていく。

 今田は「前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて! 出演が決まったときは本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです」と声を弾ませた。

 すでにクランクインした今田は「撮影は相変わらず緊張します(笑)。今回は初日から『ドクターX』オールスターの皆さんが集結していたこともあって、さらに緊張しました」と心境を明かす。そんな今田の心をほぐしたのが米倉。現在放送中のCMで共演しているが、撮影が別々だったため、実際に会うのは前回の『ドクターX』ぶりだという。そのため「初対面のときと同じくらい緊張していました」という今田だが、「米倉さんが気さくに『久しぶり!』と声をかけてくださって、ホッとしました(笑)。患者さんを思う気持ちが誰よりも強い大門先生同様、米倉さん自身もとてもカッコよくて優しい方です!」と感激していた。

 今田が演じる正子は、看護師として高い志を持つ頑張り屋だが、新人だった前シリーズでは青森の実家に仕送りをするため、他病院やガールズバーでの夜間バイトにも励んだせいで、ミスを連発。まだまだ半人前だった。ところがその後、未知子のオペを手伝ったことで開眼。未知子からも一人前だと認められ、看護師一本でやっていくことを決意したのだった。

 そんな正子が第7シリーズでは、看護師としてさらなる高みを目指し、進化していくことに。今田によると「監督からは『都会感を出してほしい』と言われている」そうで、前回話題を呼んだ津軽弁のせりふもほぼ封印。さらに「髪型もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています」と明かしていた。

■今田美桜コメント
 前回のラストで、正子は実家がある青森に帰った設定だったので、まさか続投できるとは思わなくて! 本当にビックリすると同時に、また皆さんとお会いできることが、すごくうれしかったです。

 撮影は相変わらず緊張します(笑)。今回は初日から『ドクターX』オールスターの皆さんが集結していたこともあって、さらに緊張しました。その一方で、初日から大門未知子先生の「私、失敗しないので」を聞けて、「『ドクターX』だぁ! また聞けたぁ! やっぱりカッコいいなぁ」と興奮しました。米倉涼子さんとは現在CMでも共演させていただいていますが、CMの撮影は別々だったので、実際にお会いするのは前回の『ドクターX』以来2年ぶり。久々の再会なので、初対面のときと同じくらい緊張していましたが、気さくに「久しぶり!」と声をかけてくださって、ホッとしました(笑)。患者さんを思う気持ちが誰よりも強い大門先生同様、米倉さん自身もとてもカッコよくて優しい方です!

 今回、正子は東京にも少しなじんで、後輩もできるなど、さらに成長しています。監督からは「都会感を出してほしい」と言われていて、せりふも津軽弁が多かった前回と違って、ほとんど標準語。髪型もちょっとキリッとなり、前回はワンピースタイプだったナース服もパンツタイプに変わりました。また、自分の意志を伝える場面も多く、オペ看を任せてもらえる機会も増えています。なので、前回よりもさらに「たくましくさ」を出して演じたい! オペでの器械出しもスムーズに、失敗しないようテキパキとこなして、憧れの大門先生にしっかりついて行きたいです。「看護師として成長したい!」という思いが強まっている正子を、私自身も頑張って演じますので、ぜひ楽しみにしていてください。