俳優の田中圭、女優の中谷美紀が8日、都内で行われた映画『総理の夫』(23日公開)の“超組閣”完成披露試写会舞台あいさつイベントに参加した。

【動画】観客の前で笑顔を見せる田中圭

 山本周五郎賞、新田次郎文学賞受賞作家である原田マハの小説が原作。物語は、42歳・史上最年少にして初の女性総理が誕生した近い将来の日本が舞台。鳥類学者の夫は、総理となった妻を微力ながら支えようとするものの、史上初のファーストジェントルマンとして自らも担ぎ上げられてしまう。順風満帆だった夫婦生活は、結婚10年目にして激変。「政界」という未知の世界で奮闘する様が描かれる。

 総理の夫となる相馬日和役だった田中について中谷は「役柄は脇は甘いんですけど、ご本人の脇は甘くない」と、しっかり者だったそう。田中も「甘くないです!」とキリッとした表情に。

 ただ、この日、役どころについて田中は「中谷さんと夫婦役。緊張しました。ハラハラしていました」と本音を打ち明け、中谷は「どういう意味ですか?」とツッコミ。田中は「えっ…。あの…。悪い意味じゃないんですけど…。怒られると思っていました」と“失言”してしまい、中谷から「ほら! 悪い意味じゃないですか!」と切り返され、共演陣を笑わせていた。

 この日は、貫地谷しほり、工藤阿須加、松井愛莉、嶋田久作、片岡愛之助、 岸部一徳、河合勇人監督も参加した。