色の変化によって、猫の体調がわかる猫砂『しぐにゃる』が注目を集めている。尿の成分によって色が変わる仕組みで、猫にストレスなく毎日の健康をチェックすることが可能。早い段階で病気のシグナルを発見できることから、「こんな商品を待ってた」「毎日見てあげられるから安心」と多くの反響が。発売から2週間で、初回分の在庫がすべて売り切れるほどの人気ぶりを見せる同商品。商品開発のきっかけからこだわりまでを、同商品の担当者に聞いた。

【写真】「毎日見てあげられるから安心」健康状態によって白い猫砂が5色に変化、配達箱も猫が大喜びする仕掛けが

■約2年かけ企画・開発 ストレスなく健康チェックができる猫砂

 猫の健康状態によって猫砂の色が変化する『しぐにゃる』。尿の成分によって5色に変化し、毎日のトイレで猫たちの健康状態を、簡単にチェックすることができる。
「黄色なら通常、青色ならアルカリ性、緑色ならタンパク質、赤色なら血尿反応、茶色ならビリルビン反応といったように、尿の性質によって色が変化します。尿をすることで健康状態がわかることから、猫たちにもストレスがなく、飼い主の方もあらゆる体調変化の早期発見につながる利点があります」(担当者)

 主成分は天然素材で、猫にも人にも毒性がない「シリカゲル」。吸水、防臭、抗菌作用もあり、燃えるごみとしても捨てられるから、猫砂としての基本機能も備えているのが特徴だ。

 体調の変化を隠す傾向にあり、洗尿器系のトラブルが多い猫の特性に注目して開発された同商品。きっかけは、毎日の習慣の中で、猫にストレスになく健康をチェックできる商品が作れないかという思いだった。
「高齢化した猫の多くが腎臓病を患うなど、長寿化に起因する健康問題がある中で、飼い主側の発見が遅れると重篤化してしまうという課題があると考えました。猫たちの健康状態がわかりやすく伝えられるものがあればと、約2年ほどかけて企画・開発しました」(担当者)

 商品名の由来は、信号・合図という意味の「シグナル」。猫商品と商品名でわかるように「にゃ」を入れ、ロゴは猫のおしりをモチーフにするなど遊び心も。飼い主が、手軽に健康状態をキャッチできる商品に仕上げた。

■先行販売では予想を超える反響 猫を飼っていない人からも多くの声が届く

 2020年にクラウドファンディングで先行発売を行なうと、商品のコンセプトに共感の声が相次ぎ、予想以上の反響が。
「931名の方に支援をいただき、4,809,962円と目標金額の1,603%を達成しました。お届け前から、『こんな猫砂を待っていました』『この砂で病気の早期発見に繋がれば猫たちの救える命が増えるかも』など、たくさんの温かいお言葉もいただき、一日でも早くお届けしようという気持ちでした」(担当者)

 今年3月に一般発売すると、初回在庫分は発売2週間で完売。商品を使った消費者による、感想や実際の猫たちの様子をSNSに投稿したことで、さらなる広がりを見せている。
「猫砂の色が変わるという新しい体験や、多頭飼いのご家庭で尿路結石の疾患がある猫は青色、健康の子は黄色といった差がしっかりでるといった様子を写真と共にSNSなどにアップされたことが、猫飼いの皆さまの目に留まり、反響をいただけたのではないでしょうか」(担当者)

 実際に『しぐにゃる』をきっかけに早期発見できたという報告も。重篤化する前に療養し、健康状態の数値に戻せることができたという、うれしい報告が届いたという。猫の行動はいつもと変わらなかったため、商品の狙い通り早く「シグナル」をキャッチできたということだろう。より猫の健康を意識するようになったという声も多く、前向きな効果を生んでいる。

 これまではネットでの販売を通した反響があったが、8月には東京・二子玉川の「蔦屋家電」でポップアップショップを実施し、商品を実際に手に取ってもらえる機会もできた。来場者のなかには、猫を飼っていない人も多く訪れたという。
「猫を飼っていないお客さまも足を止めてくださったのは、とても驚きました。『猫好きの友だちにオススメしておきます』『とても珍しい機能でおもしろいので、友だちに話してみます』といった声をいただけて…。ご自宅用だけではなく、ギフトとしてもぴったりなんですよ。たくさんの人たちが、猫たちの健康を考えてくれていると思うとうれしいです」(担当者)

■「1匹でも多くの猫の健康を支えたい」配送箱もこだわりが

 同商品には機能面だけではなく、猫を飼う人にとってはうれしい遊び心が随所にちりばめられている。たとえば、配送パッケージは、積み上げるとキャットタワーになるユニークな仕掛けが。
「ネットということもあり、配送箱は必ず必要なアイテムです。猫を飼っている方なら共感いただけると思うのですが、猫は段ボールが大好き。であれば、猫も飼い主さんも楽しめる工夫をしたら、届く度にワクワクする気持ちになるのでは、という発想から生まれたアイディアでした」(担当者)

 ダンボールに開けられる猫型の穴もこだわり。「小さすぎたら少し大きめの猫たちは入りにくいし、大きすぎると猫たちが隠れるスペースが狭くなってしまう」と、大きさや明るさも細かく考えながら設計した。8月より発売している1回お試し用の配送箱も、切り抜くと猫じゃらし等で遊べる猫用もぐらたたきとして遊べる仕様となっている。
「ただ商品を届けるだけではなく、どんな些細なものでも、お届けするすべてのモノが、猫たちやご家族にとって、良い体験になることを日頃意識しています」(担当者)

「1匹でも多くの猫たちの健康を支えていきたい」という思いで、猫と、そして一緒に暮らす家族にとって役に立つ存在を目指しているという同社。健康を支え、家族の安心を守るため、『しぐにゃる』の改善だけではなく、新たな商品の開発や、他サービスと連携した新しい取り組みも考えているという。
「まだまだスタートしたばかりのメーカーなので至らぬ点もあるとは思いますが、猫たち、ご家族の方たちが不安に思っていること、困っていることに対して、『しぐにゃる』をきっかけに、役に立てそうなことをどんどん始めていこうと考えています」(担当者)

 コロナ禍で、家族との絆やつながりをより強く実感する今。大切な家族であるペットを守るための大きな一歩として、今後が注目される。