人気グループ・SixTONESの田中樹が、10日発売の月刊女性ファッション誌『GINZA』10月号(マガジンハウス刊)のスペシャルシューティングに登場している。「現場は楽しんで、なんぼ。“ザ・仕事”って雰囲気だと、いいものは生まれない」と語るとおり、撮影中も時折、お茶目な表情を見せてハイブランドの最新ルックをめいっぱい楽しみながら、着こなしを披露している。

【画像】SixTONESとKis-My-Ft2のボイス付きスタンプ

 アクセサリーは、ゴールドが好みだそうで「ステージに立つ時には、チャームの大きいネックレスやゴツい指輪をつけることが多いかな。色はゴールドがいい。好きなラッパーから影響を受けていることもありますが、なによりインパクトを残せるので」と、自身のファッションへのこだわりについても語る。そのほか、田中の音楽遍歴や、常田大希が楽曲提供したことでも話題の5thシングル「マスカラ」についてもたっぷりとインタビューしている。

 女優・古川琴音が表紙を飾る今号では、オンラインストアの利用が日常化したことで、リアルショップ=実店舗の底力がより浮き彫りに。スタイリスト・飯田珠緒氏や山本マナ氏、女優・三浦透子の行きつけのお店、テーマ別・古着屋クルーズ、店主と会話したいメンズショップ、ファッションのプロが通う専門店…、特集では魅力的な150軒を紹介。その“場所”に行けば、必ず好きなものがある。そんな喜びを、実感できるはず。

 第2特集は秋冬ファッションの合言葉『レッド』『キラキラ』『フォルム』をキーワードに、同誌らしいスタイルを提案する。Z世代の象徴的存在、ミッチェル和馬(INTERSECTION)のグラビア&インタビュー、京都で撮影を行った、片岡千之助の特別なファッションストーリーも掲載している。