関西ジャニーズJr.の人気グループ・Lil かんさいの嶋崎斗亜(※崎はたつざき)と西村拓哉が、8日放送のTBS系情報バラエティー『よるのブランチ』(毎週水曜 後11:56)に出演する。3回目の登場となる『超えたらアウト!ボーダーライングルメ』では、今回はお笑いコンビ・土佐兄弟を相手に“お値段見極め対決”。もはやコーナーレギュラーになりつつある二人はアイドルながら芸人にも物怖じしないフレッシュな姿勢や芸人が思わずツッコみたくなるようなコメントで現場を盛り上げながらも、食リポも披露。芸人たちから吸収しながらバラエティースキルを磨いている。

【写真】嶋崎&西村チームと焼肉爆食いバトル”で対決する土佐兄弟

 このコーナーでは嶋崎&西村チームとお笑い芸人チームが飲食店のメニューを交互に注文していき、先にボーダーラインの金額を超えたチームが負けというルール。嶋崎と西村が通算成績1勝1敗で迎える今回は、TikTokを中心に若い世代の間でバズりまくる土佐兄弟と、絶品の牛肉を1枚切りから注文できる東京・月島の焼肉店『Yakiniku~名もなき名店へ~』で1万円のボーダーラインを目指し、焼肉爆食いバトルを繰り広げる。

 バラエティースキル向上の手応えを聞かれた嶋崎は「実際に僕たちが身に付けているのかは分からないのですが、『こういう(お笑いの)手法もあるんや』という見方はしてしまいますね。芸人さんは皆さん、本当に面白いですから」と感心。西村も「きれいなボケと、きれいなツッコミを間近で見させていただいています。『また(鉄板の)流れ来るかな』って思いながらやり取りを見ていても、また違う流れで来るので、隣にいて本当に飽きないんです。僕らは関西のグループなので『関西だから面白いでしょ』って言われることが多くて…だからほんまに勉強になります!」と刺激を受けているよう。

 そんな成長株の二人に今後の目標を聞くと、嶋崎は「バラエティー番組にめちゃめちゃ出たいというのももちろんあるのですが、独自のキャラクターがまだできていないので、自分らしさを生かしたキャラを作ったうえで芸人さんたちと共演したいです」と冷静に客観視。西村は「お金に困っちゃうくらい、新幹線に乗って東京に来ることが目標です(笑)。今はどんな番組でもやらせていただきたいですね」と貪欲なスタンスをみせる。

 また西村は「関西から飛び出して東京で個人の仕事が増えるということは、大阪に戻ったときにグループに生かせることもあるだろうし、ライバルでもあるメンバーへの刺激にもなると思っているんです。グループの目標としては、なにわ男子さんがデビューしたことで、僕らが関西ジャニーズJr.を守るというか引っ張っていく立場にもなってきたと思うので、関西やLil かんさいを盛り上げていきたいです。そこで頑張っていれば、みなさんに目を付けていただけると思うので、まずは関西で力を付けていきたいです」と意欲をみせている。

■Lil かんさい・嶋崎斗亜&西村拓哉インタビューコメント

――今回の収録はいかがでしたか?
嶋崎斗亜(以下、嶋崎)「土佐兄弟さんは普段SNSで見させていただいていたのですが、直接お会いできて『ほんまに面白い芸人さんやな』って改めて思いました。今回はコラボレーションもさせていただいて、Tik Tokerとして活躍する方にエフェクトなどもしっかり教えてもらいながら動画を撮るのが初めてだったので、それもめっちゃ楽しかったです」

西村拓哉(以下、西村)「収録で毎回ひたすら美味しいものを食べることができて、シンプルにうれしいです(笑)。前回に引き続き焼肉だったので、今回も前日の夜からご飯を食べるのを我慢して収録にのぞみました。美味しいものを食べられるうえ、すごくお会いしたかった芸人さんとお会いできて、毎回いいことだらけなのでまた呼んでいただきたいです!」

嶋崎「この企画はほんまに楽しいのですが、西村君がけっこう芸人さんにガツガツいっていたりするので、今まで来てくれた芸人さんが皆さん怖い方じゃなくてよかった…(笑)」

西村「ほんまにそれは間違いないですね。失礼なことも言ってしまっているかもしれないのですが・・・まだ怒られてないです(笑)」

――さまざまな芸人さんと共演することでバラエティースキルが上がっているのでは?

嶋崎「実際に僕たちが身に付けているのかは分からないのですが、『こういう(お笑いの)手法もあるんや』という見方はしてしまいますね。芸人さんは皆さん、本当に面白いですから」

西村「きれいなボケと、きれいなツッコミを間近で見させていただいています。『また(鉄板の)流れ来るかな』って思いながらやり取りを見ていても、また違う流れで来るので、隣にいて本当に飽きないんです。僕らは関西のグループなので『関西だから面白いでしょ』って言われることが多くて・・・だからほんまに勉強になります!」

――『よるのブランチ』は関東ローカルですが、出演し始めてからの反響はありますか?
嶋崎「東京に引っ越した幼馴染から「テレビ映ってたで」とメールを送っていただいて、めっちゃうれしかったです。家族もTVerで見てくれているので、いろいろな方からお声をいただいています」

西村「関西の先輩が東京のお仕事でホテルに泊まったときに見てくれたみたいで、Aぇ! groupの正門(良規)くんからは『見たで』って言っていただけました」

――東京での仕事も増えていくかと思いますが、これからの目標はありますか?
嶋崎「バラエティー番組にめちゃめちゃ出たいというのももちろんあるのですが、独自のキャラクターがまだできていないので、自分らしさを生かしたキャラを作ったうえで芸人さんたちと共演したいです」

西村「お金に困っちゃうくらい、新幹線に乗って東京に来ることが目標です(笑)。今はどんな番組でもやらせていただきたいですね。関西から飛び出して東京で個人の仕事が増えるということは、大阪に戻ったときにグループに生かせることもあるだろうし、ライバルでもあるメンバーへの刺激にもなると思っているんです。グループの目標としては、なにわ男子さんがデビューしたことで、僕らが関西ジャニーズJr.を守るというか引っ張っていく立場にもなってきたと思うので、関西やLil かんさいを盛り上げていきたいです。そこで頑張っていれば、みなさんに目を付けていただけると思うので、まずは関西で力を付けていきたいです」

――グループ全員で東京で冠番組ができるとしたら、どんな番組をやりたいですか?

西村「やったことない体験をどんどんしていきたいです。メンバーと協力して1つのミッションをクリアするなど、メンバー個人個人の素とキャラクターを出せる企画をやりたいですね」

嶋崎「グループ全員で、何かしらのミッションを成し遂げていく企画をやりたいです。協力し合うことでグループ感が生まれたり、今まで以上に絆が生まれるだろうから、それを見た方々に『仲良さそうやな』『いいな』と思っていただけたらうれしいですね」

――番組を楽しみにしているファンの方々にメッセージをお願いします!

西村「僕たちは関西を拠点に活動させていただいているので、関西ローカルでは見られない僕らの姿を楽しんでいただきたいです。『ボーダーライングルメ』をメインでやらせていただいているので、どんどん食べて太っていく僕ら、そしてバラエティースキルがどんどん上がっていく僕らの姿にも注目していただきたいです!」

嶋崎「頼りになる芸人さんが隣にいるので、僕と西村君のいきいきとした姿を見せられていると思っています。僕たちの楽しそうな姿を見て、落ち込んでしまっているときも『明日も頑張ろう』と思っていただけたらうれしいです」