俳優・鈴木伸之主演、Amazon Prime Videoにて配信されている“不良×茶道部”異色のヤンキーコメディー漫画を実写ドラマ『お茶にごす。』が、10月7日(毎週木曜 深0:30)より地上波(テレビ東京系)で放送することが決定した。

【場面カット】瀬戸利樹、萩原みのりらが共演

 原作は、2007年から09年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されていた西森博之氏原作の同名コミック。強面で威圧的な雰囲気からむやみやたらと喧嘩を売られ、中学最強の不良と恐れられた“悪魔(デビル)まークン”こと船橋雅矢は、開架高校入学を機に“暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい”と願い、ひょんなことから茶道部に入部することに。茶道の心得を知り茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく船橋だったが…果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか!

 主人公・船橋雅矢を“連ドラ単独初主演”となる鈴木が演じ、そのほか船橋の友達・山田航役に瀬戸利樹、船橋の同級生で茶道部のメンバー・浅川夏帆に萩原みのり、開架高校3年生茶道部の部長・姉崎奈緒美に久間田琳加、萩原みのり演じる浅川夏帆の親友で開架高校1年生茶道部・飯倉智花役に永島聖羅。

 開架高校2年生茶道部副部長・慎大寺珠美役に仁科かりん、同じく開架高校2年生茶道部・奥沼民子役に平川結月、曲がったことが嫌いで、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役に山本直寛、船橋に何かと喧嘩を売る開架高校1年生・北沼役に濱正悟、開架高校の教師で茶道部顧問・縦島洋役に野間口徹らが起用された。

<鈴木伸之>
いよいよ地上波でも放送となります! 改めて地上波で放送されることで、さらに多くの方々にお届けできることうれしく思います!

その見た目から人から勘違いされやすい主人公まークンが、学校の日常生活やちょっとした事件を通して、周りの仲間に支えられながら、人間として大きく成長する物語になっています。そして見た後にほっこりできるような、そんなドラマになっていると思いますので、ぜひご覧になっていただきたいです。