お笑い芸人・バカリズム、KAT-TUN・中丸雄一、メイプル超合金・カズレーザーが出演するテレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』の2時間SPが7日の午後6時45分から放送され、俳優の木村拓哉がスペシャルゲストとして番組に初登場する。

【動画】TVCM 「やっちゃえ マスカレード・ナイト」篇(30秒)

 今回のメイン企画は、「木村拓哉の超リアル飯」。木村が料理上手は知られているが、インスタグラムには料理写真が載っているものの作り方までは書かれていないため、レシピは知られていない。番組では木村本人に驚かれるほどしつこく事前アンケートや打ち合わせを実施。木村が普段、どんなものを食べているのか徹底リサーチ&自宅料理を完全レシピ化した。そんな木村の超リアル飯の中から、家事初心者でもできそうな激うまレシピをMC3人が一緒に再現していく。

 今回、木村が伝授してくれたのは、大事な撮影がある朝に食べるリアルな簡単朝食、がっつり食べたいときに作るテッパン料理、つけダレにこだわったそうめん、今、ドはまりしている鍋、15年前から食べ続けているレシピの計5品。大事な撮影がある朝に食べるリアルな簡単朝食は、収録当日の朝も食べてきたという朝の定番トースト。木村いわく「ガチでよく使ってます」という市販のソースを使用するが、それはいったいどんなものなのか…。

 また、がっつり食べたいときに作るテッパン料理は、家庭でもよく食卓にのぼるがっつり系おかずを、木村流にアレンジしたもの。そして、つけダレにこだわったそうめんでは、木村が試行錯誤を重ねて完成させたつけダレを紹介。MC3人の完食が速すぎて、木村を驚かせるほどだった。

 今回取り上げる5品のうち、MC3人が最も驚いたのは、15年前から食べ続けているレシピ。そのレシピとは、納豆ごはん。実は木村は「(納豆を)欠かしたことがないですね」「冷蔵庫には必ず入っています」というほど、大の納豆好き。そんな木村がお気に入りの銘柄を紹介するほか、木村流のフィルムの取り方&混ぜ方を大公開。納豆だけでなく、ごはんにもこだわりを持っていることが明らかになる。

 ところが、3人が衝撃を受けたのは、その盛り方&食べ方。「え?」「まさかの?」「これ、いつもやられているんですか?」と3人が一斉にビックリした木村流・納豆ごはんの食べ方とは。

 今回、木村はマイ包丁を持参。慣れた手つきでタマネギのみじん切りを披露するなど、あざやかな手際を随所で見せていく。鍋料理の試食で「シメがほしい」という声が出ると、「じゃあ待ってて!」とサッとキッチンに戻って3人のために腕を振るうなど、サービス精神を発揮するひと幕も。愛用食材やヘルシーポイントなど、木村の食に対するこだわりが浮かび上がる2時間スペシャル。木村拓哉のガチリアル飯をのぞくことができる貴重な機会は必見だ。