ABEMAのオリジナル恋愛番組『オオカミ』シリーズの最新作『虹とオオカミには騙されない』(毎週月曜 後10:00)。第6話が5日に放送された。

【写真】仲のよさを垣間見せる前シリーズ出演のちょこ&みちゅ

 第6話では、現時点で最も気になる相手に想いを伝える「中間告白」を迎えた。第5話の終盤で、セイラが「月LINE」で想いを寄せるしゅうぞうを2人きりのデートに誘い出し、第6話ではチームラボに出かけ2人きりの時間を楽しんだ。不器用ながらに一途にしゅうぞうを思い続けるセイラは、しゅうぞうと今のお互いの想いをぶつけ合い、距離を縮める。セイラは「いろいろあったわけじゃないですか」と話を切り出すと、しゅうぞうは「最初はどうしようと思ったけど、いまは心からうれしい」と、アピールを続けてくれるセイラを素直に受け止めていると答える。その後も照れてしまい、なかなか目を見て話しができないセイラのかわいらしい姿に、スタジオでも「いろいろ聞きたいことあるんだろうな」「頑張れ」と声援が送られた。

 第1話の終盤に前シーズンから再登場したTakiは、真っすぐに想いを伝え続けてくれる最年少のしょうたと、複数の女性から好意を寄せられるしゅうぞうとの間で心が揺れる。しゅうぞうとは、互いに海外経験があるという共通点から、英語でたびたび会話を交わしたり、一緒に買い出しにいくなど、少しずつ距離を縮めた。一方しょうたは、Takiに2人きりのデートに誘える「月LINE」を発動し、等身大ながらもロマンチックなデートでTakiと急接近。中間告白前、アトリエでTakiはモモカに「(しょうたとの月LINEデートは)初恋のころの気持ちを思い出させてくれた」と話し、「1人は上にいる。1人は上がっている。でも変わる可能性はある」と最後まで気持ちを伝える相手を迷っていることを打ち明けた。Takiが想いを伝えた相手とは。

 さらに、ABEMAのプレミアムプラン「ABEMAプレミアム」では特別スピンオフ企画『Takiの恋愛相談withちょこ&みちゅ』を配信開始。前シーズンの『恋とオオカミには騙されない』では、中間告白でそら(井上想良)への告白が成立したものの、最終的には失恋してしまったTaki。今シーズンも恋に悩めるTakiを応援するために、前シーズンでカップル成立となったちょこ(りゅうと)とみちゅ(長谷川美月)が登場。Takiの恋愛相談にのり、自身の経験を踏まえたアドバイスを送る。相談を通して見えるTakiの本音と、ちょこ&みちゅカップルの仲睦まじさが感じられる『Takiの恋愛相談withちょこ&みちゅ』となっている。