俳優の木村拓哉、女優の長澤まさみが7日、都内で行われた映画『マスカレード・ナイト』(17日公開)の完成披露試写会に参加した。

【集合ショット】沢村一樹、木村佳乃、中村アンら豪華キャスト陣が集結!

 主演・木村とヒロイン・長澤で、東野圭吾の小説を映画化。前作『マスカレード・ホテル』(2019年)に引き続き、主人公の警視庁捜査一課のエリート潜入捜査官・新田浩介を木村。ホテル・コルテシア東京の優秀なホテルマン・山岸尚美を長澤が演じる。

 2年ぶりの共演となるが、長澤のバディぶりについて木村は「やっぱ最高っす」とさらり。長澤も「私も最高です」と笑顔で合わせ、朗らかな空気が流れた。そして木村は「前作のときは今みたいな状況じゃなかった。もうちょっと撮影現場の間合いも近かった。撮影以外のお話もさせていただいたけど、今回は状況が状況」とコロナ禍で前作とは撮影風景が一変したそう。それでも「相手を感じながらやってくださる方と思わせてくれる。相変わらず最高だなと思いました」と感謝すると、長澤は「恐縮です」と照れていた。

 一方の長澤も「木村さんは座長としての信頼感と安心感が200%ありますから。もっとかも。誰が来ても受け止めてくれる器の大きい方」と絶大な信頼を寄せる。「木村さんがいると集中力があるメンバーになる。お芝居に集中できる環境はありがたい。一緒に仕事をしていて刺激になりますし、楽しくお芝居ができるなと実感しています」と振り返ると、木村は「ありがとうございます」とこちらも恐縮していた。

 本作の舞台は、大みそかのホテル・コルテシア東京。警視庁に、未解決殺人事件の犯人が大みそかに行われるカウントダウン仮装パーティー“マスカレード・ナイト”の会場に現れるという密告状が届いたことで、再び新田がホテルマンに扮し潜入捜査をすることに。パーティー開始時間まで残りわずか。犯人がパーティーに現れるという手掛かりしかない中“仮面”をかぶった参加者=容疑者500人を相手に、新田&山岸の最強バディが犯人逮捕へと奔走する。

 この日は、中村アン、石黒賢、沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、凰稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、石橋凌、渡部篤郎、鈴木雅之監督も参加した。