フジテレビは6日、オンラインで10月期の改編会見を開催。10月からの番組編成について“笑いの土曜日”と銘打ち、ゴールデン帯の番組について、現在毎週土曜の午後8時から放送されている『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』を午後7時から、毎週金曜の午後8時から放送されている『新しいカギ』を午後8時から放送することを受け、展望と期待を寄せた。

【写真】”ペニーワイズ”の顔マネをしながらカメラを見つめるチョコレートプラネット

 『ドッキリGP』のMCは変わらず東野幸治と小池栄子が務め、ドッキリクリエイターの恵俊彰、菊池風磨(Sexy Zone)、向井康二(Snow Man)をはじめ、数々の芸能人が考案したドッキリを、芸能人たちに次々と仕掛ける爆笑バラエティー番組として、今後もたくさんの笑いを提供していく。抱腹絶倒の「秒でドッキリ」、癒やしと感動の「動物ドッキリ」など、人気シリーズも健在となる。

 『新しいカギ』は、『オレたちひょうきん族』(1981年~89年)、『めちゃ×2イケてる!』(1996年~2018年)などを生みだしてきた、フジテレビ・バラエティーの伝統枠とも言える“土8”に引っ越し。メインキャストはこれまで通りチョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、霜降り明星(せいや、粗品)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)の3組が務める。

 『新しいカギ』を手がける矢崎裕明チーフプロデューサー(崎はたつさき)は、この日の会見で「今後は、ロケ企画なども増やしていき、総合バラエティーに進化させていき、ファミリー層にも届くような番組にしたいと考えております」と意気込み。「コント台本が収録日の2日前の夜中くらいにできあがって、そこから演者さんにお送りすることもありまして…。演者さんによっては、1日に5~6個も撮らないといけないのですが、それをどう覚えているのか、非常に優秀な方たちがそろっている」と舌を巻いた。

 矢崎氏は、バラエティー番組『ワンナイR&R』で絶大な人気を博したゴリエ(ガレッジセール・ゴリ)が、8月末に『新しいカギ』への出演を果たした際のエピソードも紹介。「ゴリエさんのコラボ企画では、松尾駿さんとせいやさんに非常に汗をかいていただきました。仕事の合間の1時間半しかないところで、お時間をいただいて、練習を積み重ねていきました。それが制作者にとっても大変な刺激になって、相乗効果でさらに盛り上げようという思いです」と言葉に力を込めた。

 編成部長の中村百合子氏は「『ひょうきん族』『めちゃイケ』など、大ヒットであったバラエティーは土曜日から生まれている、ブランドある枠です。令和の新しい笑いの幕開けという意気込みで、新番組を整えております。『ドッキリ』も『新しいカギ』も学校で話題になる、社会現象になる。これを見ないとついていけない、フジテレビやっぱり面白いなと思っていただきたい」と語った。