玉山鉄二、深川麻衣が出演する映画『今はちょっと、ついてないだけ』(2022年春公開)の出演者が新たに発表された。

【画像】柴山健次監督の実兄・柴山智隆によるイメージボード

 本作は、何もかもあきらめた日々を過ごしていた元スター・カメラマンの主人公・立花浩樹(玉山)が、自分と同じようにがむしゃらに働いて挫折をした人生の敗者が集まるシェアハウスの住人たちと過ごす時間の中で、「心より欲しているものは何か」を見つめ直そうとする物語。

 ドラマ化・映画化された「四十九日のレシピ」、映画化された「ミッドナイト・バス」の伊吹有喜の小説が原作。監督は、『流れ星が消えないうちに』(2015年)、『パーフェクトワールド 君といる奇跡』(18年)の柴山健次が務める。

 今回、発表されたのは、夢破れた大人たちが暮らすシェアハウスで立花と一緒に時間を過ごしていく人々と、立花の過去に関わる重要人物を演じるキャスト。

 リストラされてしまったテレビディレクター宮川良和役を演劇ユニット・TEAM NACSのメンバー、音尾琢真。超売れっ子の芸人だったが、5年間テレビから干されている会田健役を安田大サーカスの団長安田。立花の過去に関わる伝説的仕掛人・巻島雅人役を高橋和也が演じる。

 ほかに、かとうかず子、山村美智、奥山佳恵、『仮面ライダーセイバー』のヒロインを務め、モデルとしても活躍する川津明日香、管楽器ガールズユニット・MOSのリーダーでトロンボーンを担当しているErna(アーナ)、ドラマのみならず、TBS系朝の生放送番組『ラヴィット!』(水曜レギュラー)など、バラエティ番組でも活躍する大友花恋の出演が決定。

 千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の製作協力により、撮影が開始される。