俳優の矢本悠馬が、10月スタートのフジテレビ系木曜劇場『SUPER RICH』(毎週木曜 後10:00)に出演することが決定した。主演・江口のりこが演じる破天荒な女社長・氷河衛(ひょうが・まもる)の経営する会社「スリースターブックス」の技術責任者で、会社の創業当時から衛を支える仲間でもある東海林達也(しょうじ・たつや)を演じる。矢本は同枠のドラマに初出演となる。

【写真】江口のりこの“右腕”的存在を演じる町田啓太

 同作はベンチャー企業の破天荒な女性社長・氷河衛を主人公に、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンのジェットコースターのような波瀾(はらん)万丈な半生と、仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描き出す。衛を慕い、会社の門をたたく貧乏専門学生の春野優(はるの・ゆう)役には赤楚衛二、優秀な右腕として衛を献身的に支える宮村空(みやむら・そら)役には町田啓太、インターン生としてやって来るプライド高き高学歴大学生・田中リリカ役に志田未来が決定している。

 東海林はラフな服装で、非常にライトな物腰であり、機転を利かせてフットワークを軽くし、自分で仕事を進められる優秀さがあり、チームになくてはならない存在。柔らかな見た目の反面、上司にも「NO」が言える彼のハッキリとした態度は、ときに空や他の社員と衝突するが、それも仕事への情熱によるもので、衛からは信頼されている。

 今回の出演にあたって、矢本がコメントを寄せた。

■矢本悠馬
出演が決まったとき、今回が初共演となる役者さんが多く新鮮な気持ちで、早く現場で皆さんとご一緒したいなと思いました! 今回はオリジナル作品ということで、どう色付けしていこうかなど、この先の展開にわくわくしながら台本を読ませていただきました。共演する江口さんは、“圧倒的なリーダー感”を普段から醸し出されていて、現場にいるだけで自分の役がスッと入ってきます。普段もやさしく話しかけてくださるので、おかげさまでとてもリラックスして芝居ができています。

僕が演じる東海林達也の役回りとしては、会社では嫌われ役を買って出て、みんなが言いよどみそうな意見をはっきり、いや、バッサリ発信していく。周りのキャラクターともぶつかりがちですし、視聴者の皆さんにも勘違いをされやすいキャラクターだと思うのですが、実際は、社長である衛さんのことを誰よりも慕っていて、会社を守ることに人一倍責任感を持って仕事をしている人だと思うので、そこはブレずに演じていきたいと思っています。放送初回から最終回のような窮地に立たされますが、ドラマの内容は前しか向いていないので、木曜の夜が、皆さんに楽しんでいただける時間になれば幸いでございます。ぜひ、ご覧ください!