人気エアーバンド・ゴールデンボンバーのボーカル・鬼龍院翔(37)が4日、自身のブログで一般女性と結婚したことを報告した。

【写真】ゴールデンボンバーがJKに?! かわいすぎる”女装姿を披露

 鬼龍院は「世の中が大変な時期に私事で大変恐縮ではございますが、私、鬼龍院翔は令和三年九月四日に入籍いたしました」と伝えた。「このような決断に至った理由は多々あるのですが、自分なりにたくさん悩み考え抜いて選択した決断です」と語った。

 「報告をせずに隠し通すという選択肢もあったのかもしれませんが、自身の尻の毛の脱毛をしたことを発信しただけでネットニュースの記事になってしまう様な状態の私では入籍という出来事はいずれ必ず記事になってしまいますので、堅苦しく自分らしくない話にはなってしまいますがこのような形で報告させていただく結論に至りました」と発表に至った心境を“らしく”つづった。

 お相手について、「現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方です」と紹介。「そのため、今後とも親も含めて家族のプライバシーに触れる様な行為は控えていただきたく思います」と呼び掛けた。

 そして「私の人生において一番優先するものはバンドです。それは今までもこれからも変わりません」とし、「明日からも変わらず音楽と笑いを軸にしたゴールデンボンバーの活動を続けていきます。皆さんに楽しんでいただけるよう精一杯頑張ってまいりますので、今後とも応援をいただけましたらうれしいです。いつも応援してくださっているファンの皆さんに感謝しています」と結んだ。

 鬼龍院は1984年6月20日生まれ、東京都出身。ゴールデンボンバーでボーカルを担当。バンドの全楽曲の作詞・作曲を手掛ける。12年10月に「Life is SHOW TIME」でソロデビューした。

■コメント全文

応援してくださっている皆様へ

鬼龍院翔です。いつも応援していただきありがとうございます。

世の中が大変な時期に私事で大変恐縮ではございますが、私、鬼龍院翔は令和三年九月四日に入籍いたしました。

このような決断に至った理由は多々あるのですが、自分なりに沢山悩み考え抜いて選択した決断です。

報告をせずに隠し通すという選択肢もあったのかもしれませんが、自身の尻の毛の脱毛をしたことを発信しただけでネットニュースの記事になってしまう様な状態の私では入籍という出来事はいずれ必ず記事になってしまいますので、堅苦しく自分らしくない話にはなってしまいますがこのような形で報告させていただく結論に至りました。

相手は現在も過去にも芸能活動歴の無い一般の方です。
そのため、今後とも親も含めて家族のプライバシーに触れる様な行為は控えていただきたく思います。

また、このような話題をバンド活動の中でどの程度言及していくべきなのかを考えた結果、耳に入れたくないというファンの方もいらっしゃることから、本日九月四日以降は鬼龍院翔からこの件についてあらためて触れる可能性があるとしたら「出産」「離婚」「家族の安全が脅かされた時」くらいではないかと予想されます。

普段何でもネタにしているくせに今回に関しましては歯切れが悪いコメントになってしまいすみません。色々なファンの方の心情があるだろうと考えると、このような形が良いのではと思いました。

私の人生において一番優先するものはバンドです。
それは今までもこれからも変わりません。

明日からも変わらず音楽と笑いを軸にしたゴールデンボンバーの活動を続けていきます。皆さんに楽しんでいただけるよう精一杯頑張ってまいりますので、今後とも応援をいただけましたらうれしいです。

いつも応援してくださっているファンの皆さんに感謝しています。
令和三年九月四日
鬼龍院翔