アイドルグループ・AKB48の横山由依(28)が12日、東京・日比谷野外音楽堂で行われたライブ『MX夏まつり AKB48 2021年最後のサマーパーティー!』でグループからの卒業を発表した。

【ライブ写真10枚】メンバーが見守る中、浴衣姿で卒業発表した横山由依

 コンサートの終盤、横山は「私からここで皆さんにお伝えしたいことがあります」と切り出すと、「私、横山由依はAKB48を卒業します」と発表。卒業を決めた理由は「ここ最近、私が以前から思い描いてきた夢がより具体的に見えてきたので一歩踏み出そうと決断しました」と涙声で明かした。

 続けて「私は2009年に加入して12年、AKB48にいたんですけど、本当に大切で、宝物のような仲間に出会えたこと、そして、どんなときでも応援してくださるファンの皆様に出会えたこと、AKB48で本当にかけがえのない、大切な経験をたくさんさせていただいたこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とメッセージ。「私を見てくださった方に夢や希望を持っていただけたり、明日から頑張ろうという活力になるような存在でいたいなと思っています」と語った。

 卒業コンサートは詳細が決まり次第発表。東京・秋葉原のAKB48劇場での卒業公演は「12月9日を予定しています。あと3ヶ月なんですけど、よろしくお願いします」とあいさつした。

 秋元康総合プロデューサーは、48グループ2代目総監督でもあった横山のために卒業ソング「君がいなくなる12月」を書き下ろし。きょう12日午後8時より、AKB48のYouTubeチャンネルでミュージックビデオが公開される。MVの監督は横山自身が担当した。

 横山は2009年9月、9期生として加入。2011年3月に大島優子、指原莉乃、北原里英とともに派生ユニット「Not yet」でデビュー、同年5月、「Everyday、カチューシャ」で初選抜入りし、2012年8月~13年5月までNMB48を兼任した。2015年12月8日、AKB48劇場オープン10周年かつ自身の23歳の誕生日にAKB48グループ2代目総監督に就任。19年3月31日に退任した。近年は多くの舞台作品に出演している。