先ごろ、ほどよい筋肉と健康的な肉体の美しさを競うボディコンテスト『サマー・スタイル・アワード(SSA)新人類』が開催された。女性らしく優雅でセクシーバランスのとれたスタイルを審査する「ビキニモデル」部門に出場した荒谷仁美さん(29)。コロナ太りを解消したいとボディメイクを開始。半年間で5キロ減量し、「今の自分が一番好き」と語ってくれた。

【写真】プリッと上がった美尻&美くびれを大胆披露した荒谷仁美さん

◆自粛太りの解消目的から始めたボディメイクで大会初出場

――トレーニングを始めたのは、いつ頃ですか?

【荒谷仁美さん】 半年くらい前からです。

――トレーニングを始めたきっかけを教えてください。

【荒谷仁美さん】 コロナ禍の自粛生活で太ったことがきっかけです。自分でも「ちょっとマズイな…」と思いました。それで何とかしたいと考えるようになり、トレーニングを始めました。

――トレーニングは、どのような形でやっているのでしょうか?

【荒谷仁美さん】 フィットネスジムに通っています。今は、大会出場のための専用メニューを中心にトレーニングをしています。

――トレーニングを始めて、どのような変化がありましたか?

【荒谷仁美さん】 約5キロ痩せました。

――トレーニングを始めて、周囲から言われてうれしかった言葉はありますか?

【荒谷仁美さん】 「お尻が上がったね」「肩が(引き締まって)凄いね」と言われるようになって嬉しいです。トレーニングで身体を鍛えるようになって、そういう言葉をかけられることがすごく嬉しく感じます。

――トレーニング開始から半年とのことですが、大会に出場するのは初めてですか?

【荒谷仁美さん】 はい、初出場になります。

――大会に出場しようと思ったきっかけを教えてください。

【荒谷仁美さん】 通っていたジムのトレーナーさんから「大会に出てみない?」と誘われました。せっかくの機会なので、チャレンジしてみようかなと思い出場を決めました。

◆見た目の変化だけでなく、トレーニングで体調が良くなった

――周囲からはどのような言葉をかけられましたか?

【荒谷仁美さん】 トレーニングを始めた最初の頃は、「どこを目指しているの?」「どうしたの?」といった言葉をかけられることが多かったです。突然トレーニングを始めたので、周りの人はとにかく驚いたみたいです(笑)。でも、変化していく身体を見るうちに、「頑張ってね」と言われることが増えました。

――ボディメイクを通して、自分自身の中での変化はありましたか?

【荒谷仁美さん】 昔の身体より今の自分が好きになりました。見た目の変化もそうですが、疲れやすさがトレーニングを始める前と後では変わったような気がします。体調も良くなる一方で、やっていて本当に良かったなって思います。

――トレーニングを続ける秘訣を教えてください。

【荒谷仁美さん】 とにかく楽しむことですね。辛いとか苦痛だとかネガティブなことを考えると続かないと思うので、「トレーニングは楽しい」と思うことが一番ですね。あとは、トレーニングを習慣にしてしまうことですかね。

――最後に、荒谷さんが思うトレーニングの魅力とは?

【荒谷仁美さん】 鍛えた分だけ結果に出るところですね。数字や身体の変化として見えてくるので、もっと頑張ろうと思えます。そういう分かりやすさが面白いなと思います。

(文/地原緑)