9月1日よりイタリアで開催されている「第78回ベネチア国際映画祭」。昨年、カンヌが開催を見送ったのに対し、ベネチアは映画祭を敢行して話題になったが、今年も感染症対策の厳しい規制を設けて開催に至った。ちなみに、日本映画では、湯浅政明監督の時代劇アニメーション『犬王』がオリゾンティ・コンペティション部門に入選し、ワールドプレミアを飾る。

【写真】会場の華やかさを感じるレッドカーペットルック

 レッドカーペットには連日多くのセレブリティが駆け付けて、映画祭を盛り上げているそう。このたびアルマーニを着用して登場したセレブリティたちの写真が到着した。

 オープニング作品として新作『Parallel Mothers』が上映されたスペインの映画監督、ペドロ・アルモドバルはGIORGIO ARMANIのタキシードスーツをセレクト。オールブラックのシックなコーディネートにサングラスを合わせた。

 ベネチア入りの際にはリラックスした表情でジョルジオ アルマーニのオフホワイトカラーのシャツとパンツセットアップコーディネートを披露したイタリアの女優セレーナ・ロッシは、ガラリと雰囲気を変えたドレッシーな1着を披露。デコルテラインのカットが美しいドレスは、ジョルジオ アルマーニ プリヴェのもの。

 フランスの女優、イザベル・ユペールがセレクトしたのはシックな刺繍が美しい、ジョルジオ アルマーニ プリヴェの1着。長袖でありながら透け感のあるシルク素材で、涼し気な雰囲気を醸し出していた。

 昨年、『ノマドランド』が金獅子賞に輝き、今年は審査員メンバーとして参加するクロエ・ジャオ監督は、アイボリーカラーにビジューが散りばめられたふわっとしたシルエットが愛らしいジョルジオ アルマーニのドレスを着用。

 王道でありながら、溜息の出るような美しいぶらっくドレス姿を披露したのはカナダの女優サラ・ガドン。シルク素材のシンプルかつ柔らかなシルエットが、彼女自身の魅力を最大限に引き立てているようだった。

 俳優でありながら映画監督としても活躍するロベルト・ベニーニは、ジョルジオ アルマーニのタキシードスーツで登場。イタリア人らしい陽気なムードで会場を盛り上げたそう。

 そのほか、アイタナ・サンチェス=ギヨン、バルバラ・パルヴィン、グレタ・フェッロ、サラ・サンパイオなどの写真が到着。見ているだけでも会場の華やかさを感じさせる。