お笑いコンビ・ナインティナインが、2日深夜放送のニッポン放送『ナインティナインのオールナイトニッポン』(毎週木曜 深1:00)に出演。28、29日の2夜連続、ゴールデンタイムに生放送されたフジテレビ系大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』で、キャプテンを務める松本人志と、爆笑問題が“禁断の共演”を果たしたことについて語った。

【写真】学ラン姿が似合う!ガッツポーズをする松本人志ら

 岡村隆史が「なんかすごかったな。ああいう日がくるとは…」と驚きを語ると、矢部浩之も田中さんがツッコミというか、本気で止める感じで、伝わるよね」と緊張感あふれる展開を回顧。岡村が「どこまで決まっていたかわからへんけど、だいぶ攻めはったよね。終わってから『太田さん!』って呼び止めて『いきましたねー』って言ったら『いったな』って返しはって(笑)。自分でも苦笑いしながらやったけど。でも、よかったんちゃう。ああいう形であっても、ああいう日が来た方が」としみじみと振り返った。

 矢部も「着地できたっていうのはいいよね。太田さんもちょっと腹くくっていたというか、いったれみたいなのも感じたし、松本さんがなんでも受け止めるみたいなことも感じましたね」と両者の思いが生んだ結果だと指摘。岡村は「太田さん、疲れてはったと思うんやけど、壁に肩すりながら歩いていたからな。だいぶエネルギー使ってはった」と明かしていた。

 『ラフ&ミュージック』第1夜の大トリを飾った爆笑問題の2人。太田は、勢いよく飛び出すと冒頭から「みなさんにお願いがあるんですけど、あしたは『ワイドナショー』じゃなくて『サンデー・ジャポン』を見てください(笑)。ガキの使いやあらへんでー。太田、動きます。松ちゃん見てる?」と連発していった。

 ネタでは、雨上がり決死隊の解散などを盛り込んだ形で圧巻の漫才で魅了。いよいよ実現した生トークを前に、松本は「絡みたくねーな。爆笑問題とオレの絡みで引っ張っていたよね」と率直な思いを打ち明けた。その後、爆笑の2人がスタジオに登場すると、松本と太田がお互いに膠着した間合いを取り合って、太田が「共演NG! ネットが荒れるって言うから、入ってきた」と自らネタに。「今の何点でしょうか?」とボケを重ねていった。

 松本が「わからない。ここの奥さん(太田光代)が僕のツイッターをフォローしている。意味がわからなくて、なんか遠回しに威嚇してんのかな」とボケを交えて返すと、太田が「威嚇したのはそっちでしょう(笑)。ハハハ」と見事な切り返し。岡村から「田中さん、しっかりしてください」との声が飛ぶも、太田は松本とナイナイとの因縁を持ち出すなど、大暴れとなった。

 番組の模様は、放送後1週間以内は「radiko」で聞くことができる。