女性6人組グループ・BiSHが4日、さいたまスーパーアリーナで開催された『第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER』に出演。メンバー3人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、8月中のライブ・イベントの出演を休止していたが、6人そろって活動再開後初のパフォーマンスを飾った。

【TGC2021A/W】随時更新中!ランウェイに豪華出演者が続々登場

 BiSHは、8月7日にアイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、9日にハシヤスメ・アツコのコロナ感染を発表。この日のサイトでは「状況を踏まえ、スタッフ間で協議の結果、大事を取ってBiSHのライブ・イベントへの出演を8月いっぱい休止することに決定致しました」と報告していた。

 3人の健康状態を確認し、保健所の定める自粛期間も既に終了し、9月1日より活動を再開。この日のステージでは「プロミスザスター」「BiSH-星が瞬く夜に-」の2曲を披露。ブランクを感じさせない歌声を響かせた。

 『日本のガールズカルチャーを世界へ』をキャッチコピーに2005年8月から年2回で開催されたTGCは、今回で33回目。西野七瀬、池田エライザ、中条あやみらモデルがランウェイ競演し、アーティストデビューしたお笑いコンビ・EXITが歌唱披露。なお、新型コロナウイルス感染症による感染拡大につき、無観客で開催し、オンラインで配信された。