人気アイドルグループ・乃木坂46が2日、午後8時15分から生配信「乃木坂配信中」行い、22日発売の28thシングル「君に叱られた」のミュージックビデオ(MV)フルサイズを初公開した。午後9時からは公式YouTubeチャンネルで公開されている。

【動画】賀喜遥香が初のシングル表題曲センターに!「君に叱られた」MV

 本作は7月上旬に都内スタジオ及び横浜市・浜松市にて撮影。とある映画祭で贈り物になるはずの「ガラスの靴」を忘れてしまった遠藤さくら。現場は大混乱の中、遠藤は一緒に住んでいる賀喜遥香に届けてもらうよう依頼し、賀喜は現場に何とか届けようと奮闘する。「誰でもヒロインになれる」というシンデレラがモチーフとなった。

 センターを務める賀喜が最も撮影時間が長く、特に道路を走り抜けるシーンでは、50メートルダッシュを何十回も繰り返した。そのような撮影の中で、タクシーのルーフの上に乗った撮影が、賀喜にとって一番印象深いものとなった。

 また、このMVの映画祭では、今年度の新人女優賞を受賞する齋藤飛鳥、昨年度受賞した山下美月、そのマネージャーの与田祐希、映画祭を仕切っている梅澤美波とそのアシスタントの遠藤など、さまざまな役柄があり、実際に声は入っていないものの、セリフが全て用意され、ちゃんと演じながらの撮影が行われた。

 そしてダンスシーンの撮影終了後には、このMVが最後となる高山一実のもとに1期生が集まり、記念撮影を繰り返していたという。

 ソニー「Play Station」のCMなど、CMプランナーとして数多くの作品を手掛けるクリエイティブディレクター・雨海佑介氏が、乃木坂46の作品では初めて原案を手掛け、「新しい世界」「キャラバンは眠らない」「世界中の隣人よ」など、乃木坂46のMVを多数手掛けている映像作家の横堀光範氏が監督として指揮を執った。