俳優の野村周平主演で、藤井夏恋、佐野玲於、三浦翔平が出演するABEMAオリジナルドラマの最新作『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』が10月21日午後10時から放送されることが決定した。

【写真】藤井夏恋、佐野玲於、三浦翔平ら豪華キャスト陣

 仕事への価値観が多様化している中で、仕事(人生)に熱狂する若者のリアルを描く完全オリジナルストーリーの連続ドラマ作品。三浦が主演し2018年に放送された前作『会社は学校じゃねぇんだよ』から3年を経て、今作では野村演じる起業家・鶴田祐介を主人公に描かれる。

 祐介は、大学ビジネスコンテストに優勝し、父親も100年続く老舗の鞄ビジネスを成功させている、一般的には“優秀”の部類に入る大学生。卒業後、同級生の佐藤健吾(佐野玲於)とともに起業を決め、「会社は学校じゃねぇんだよ」と啖呵を切り、事業成功のために日々奔走することに。学生時代からの彼女で、ビジコン仲間でもある常田智美(藤井夏恋)の力を借りて、上場企業の社長となった藤村鉄平(三浦)から出資を受けることにも成功。しかし、出資した鉄平にはある思惑があり… それを知り、憤りを隠せない祐介は鉄平に詰め寄るも、「会社は学校じゃねぇんだよ!」と一蹴されてしまう。順風満帆だと思われた人生で、初めての大きな壁にぶつかり挫折を味わった祐介は、どのように事業を大きくさせ、自身も成長していくのか?

 今回の主演に際し野村は「起業家を目指す話ということもあり、専門的な難しい単語も多く、普段の自分からは遠い世界の話なので、どのように演じていくのがよいのか最初は不安でしたが、ストーリー自体は非常にテンポ感もあってサクサク進んでいくので、皆さんを飽きさせることは無いと思います」とコメント。前作から引き続き鉄平を演じる三浦も「野村さんとは 二度目の共演となりますが、色々な現場を経験し、今まで以上に成長した野村さんと共演することがとても刺激になっています。前作で作り上げた『会社は学校じゃねぇんだよ』の熱量をそのまま彼に託したいと思います」とコメントし、ドラマ『好きな人がいること』以来5年ぶりの共演に意欲を燃やした。

 藤井は「女優経験のない私に新たな挑戦のきっかけをくださったことに感謝しております。常田智美と共に私自身も成長できるように全力で撮影に挑ませていただきます」、佐野さんも「自身としても久しぶりに連続ドラマに出演させていただきますので、緊張と高揚が入り混じっております」と、メッセージを寄せている。