日本テレビ系夕方の報道番組『news every.』(月~金 後3:50)のカルチャー担当のハードキャッスル エリザベス(29)キャスターが番組を卒業。同時に、「私事で大変恐縮ではございますが、この度、かねてよりお付き合いをしておりました方と結婚いたしました」と発表した。なお、10月4日からは、カルチャー&スポーツの新キャスターとして、刈川くるみ(22)が加入する。

【画像】『news every.』に加入する刈川くるみ

 エリザベスはお相手について「一般企業に勤めていて、現在海外に拠点をおいて働いている方です。これまで離れて暮らしていましたが、結婚をし、私も共に暮らしていきたいと思いました」と報告。「そのため、自分にとっては大きな決断でしたが、今回『news every.』のキャスターを卒業することに致しました。コロナ禍において報道の現場でお仕事をさせていただいたことは自分の人生を考えさせられる時間でもありました」と経験への感謝をつづる。

 「2年という短い期間でしたが、news every.の一員としてお仕事をさせていただけたことは自分にとってかけがえのないものとなりました。いつも支えてくれたスタッフの皆さんと視聴者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。そして、1日も早い新型コロナウイルスの収束を願うばかりです。しばらく日本を離れますが、また何かしらの形で発信をしていければと思っています。未熟者ではございますが、今後ともよろしくお願いいたします」としている。

 また新キャスターとなる刈川は福岡県出身。日本大学法学部を卒業し、フリーのキャスターとしてインターネットニュース番組のキャスターなどのキャリアを積み重ねてきた。乗馬ライセンス4級を所持しており、現在も乗馬クラブにも通う本格的な腕前。このほかにもクラシックピアノ歴10年でショパンを奏でる一方、ヒップホップダンスを踊るなど多趣味な一面を持つ。番組冒頭から最後まで出演しながら、カルチャー担当として『カルスポっ!』や『きょうコレ』などのコーナーを担当する。

 刈川は「大学進学を機に上京し、一人でテレビを見ることを心寂しく感じていたのですが、news every.はうれしい日も悲しい日も第一に寄り添ってくれ、またアナウンサーの皆さんのお言葉は、家族と話しているような温かさと安心感があり、私の心の拠り所でした。そんな大好きなevery.チームの一員となれること、心からうれしく感謝しております。視聴者の皆さまの大切な日々に少しでもお役に立てるよう、毎日一生懸命に誠実にお伝えしてまいります。どうぞよろしくお願いいたします!」とあいさつしている。