テノール歌手・秋川雅史が、『2021年 第105回記念「二科展」』彫刻部門に出品し、初入選した。彫刻部門での入選は芸能界では初となる。

【画像】第105回記念「二科展」彫刻部門で初入選した秋川雅史の作品

 秋川が木彫刻を趣味にしている事は、今までにもさまざまなメディアで紹介されているが、公募展に出品するのは今回が初めてとなる。

 秋川は「今回、第105回『二科展』彫刻部門で、私の製作しました『木彫楠公像(楠木正成像)』が入選いたしました。ありがとうございます」と感謝し「もちろん私は『歌手』なんですが、木彫刻も本気で取り組んでおりまして『二刀流』ではございませんが、実はすでにお寺の方にも私の製作した仏像を奉納させて頂いております」と紹介。

 「彫刻家としてはこうして二科展で入選いただきましたが、歌手としての活動は…次の「歌」の登板は、9月8日東京オペラシティで行います。そちらの方も是非お越しください(笑)」と呼びかけている。

■秋川雅史 コメント全文

今回、第105回「二科展」彫刻部門で、私の製作しました「木彫楠公像(楠木正成像)」が入選いたしました。ありがとうございます
もちろん私は「歌手」なんですが、木彫刻も本気で取り組んでおりまして「二刀流」ではございませんが、実はすでにお寺の方にも私の製作した仏像を奉納させて頂いております。
昨年はコロナの影響でほとんどのコンサートがなくなってしまい、その間はステイホームで家で彫刻を彫る毎日でした…
彫刻を始めたきっかけは、だんじり彫刻では有名な愛媛県西条市の出身で、子供の頃からずっと素晴らしい彫刻を目にして育ちました。また11年前に仕事で訪れたドイツで「鷹」の彫刻を買って帰り、それを眺めていたら自分でも彫れるんじゃないかと思ったのがきっかけです。

今回製作しました「楠木正成像」は皇居前にある銅像に影響を受けて製作したのですが、皇居前の像は下から見上げるのですが、私は木に落とし込む訳ですから上からも眺める姿になります、なので馬の尻尾の形状や、顔の目線を上に向く様にしたり、自分なりのエッセンスを入れ込んだ、秋川雅史の「木彫楠公像」として作品に仕上げました。
また、この作品は一木から掘り出しており、細かい彫刻刀が届かないところなどは特注の彫刻刀を作ってもらったりなど、こだわりにこだわり3年掛かって完成させました。

今回、二科展で入選いただき本当に嬉しく思っております。
彫刻家としてはこうして二科展で入選いただきましたが、歌手としての活動は…次の「歌」の登板は、9月8日東京オペラシティで行います。そちらの方も是非お越しください(笑)